「大好きだよ!」「愛している」なんて愛情表現なら分かりますが、別に付き合ったばかりでもないのに、やたら「可愛いね」と言ってくる彼氏。何か裏があるのかと思いつつも悪い気はしませんよね。しかし、そんな彼氏には注意しなければいけません。

今回はやたら可愛いと言ってくる彼氏の心理や、注意しなければいけない理由を紹介します。彼氏が可愛いを連発しすぎて違和感を覚えている女性必見です。

スポンサーリンク

好き過ぎるorコントロール

付き合ったばかりでもないのに、男性が自分の彼女に可愛いを連発する時には、大きく分けて2つの心理が働いていると考えられます。

1つは、単に彼女のことが好き過ぎるだけです。付き合って数か月が経っても、自分の彼女にメロメロな男性は少なからずいます。浮気もすることなく、優しくていつも尽くしてくれます。もちろん、可愛いだけでなく、「大好きだよ!」なんて愛情表現も連発します。

もう1つは、相手をコントロールしたい欲求が強いケースです。とにかく可愛いって言っておけば気分が良くなると思っているため、心にないような褒め言葉を次から次へと口にします。

また、特に可愛いを連発する時は、何かやましいことがある場合が殆どです。浮気とはいかないまでも、何か裏がある可能性があります。その気持ちを悟られないように、相手を上手にコントロールしようとしているのです。

当然、コントロールしたい心理が働いて可愛いといってくるなら注意が必要ですが、好き過ぎる場合も見過ごすことはできません。こちらも注意しておかないと、ある日突然あなたのもとを去るかもしれませんよ。

熱が冷めれば・・

恋愛体質の女性ならまだしも、男性が付き合いの長くなった彼女に対して、好き過ぎて可愛いを言いまくっているなんて稀なケースです。

男女が長い間一緒にいれば、どうしても愛の熱量は下がってきます。しかし、そんな落ち着いた二人の関係に、居心地の良さや安心感という新たな幸せを感じるようになるのです。

彼女のことを好き過ぎる男性は情熱的であり、一途で純粋な心の持ち主なのでしょう。一見、素敵な彼氏に見えますが、このようなタイプの男性は一度熱が冷めると全く関心を示さなくなります。穏やかな幸せとは無縁であり、別の女性に恋の炎を燃やすことになるでしょう。

これではいつまで経っても大人の恋愛ができませんし、幸せにしてくれることもないでしょう。

いつから褒め上手じゃないと気付いたか?

彼氏が可愛いと言ってくれるなんて羨ましいと言われることもあるでしょう。褒め上手な男は女性からモテますからね。しかし、好き過ぎるタイプもコントロールしたいタイプの男性も、別に褒め上手なわけではありません。

そもそも、褒め上手な男性は相手に違和感なんて感じさせません。可愛いという褒め言葉で、「何か裏があるのかな?一体どういうつもりで言っているんだろう・・」と思わせた時点で褒め上手ではないのです。このことについては、薄々気付いているはずです。

ところで、あなたはいつから褒め上手じゃない(可愛いという言葉に違和感を覚える)と気付きましたか?たぶん、どちらのタイプの男性も、付き合った当初から「かわいいね」と言い続けてきたはずです。

スポンサーリンク