婚活をしていると必ずと言っていいほど聞かれる趣味。「趣味は何ですか?なんてありきたりな言葉なんて実際使うの?」なんて若い頃は思っていても、いざ婚活を始めると当たり前のように飛び交っています。

ただ、「趣味って言われても、人に言えるようなものがないんだよね・・」という女性は意外と多いです。今回はそんな趣味がない婚活女性のために、趣味についての正しい認識や趣味を聞かれたときのモテ回答を紹介します。これを知っておけば、他のライバルたちよりも一歩リードできるかも!?

スポンサーリンク

婚活と趣味=日本人と英語

婚活女性が考える趣味と、日本人が考える英語はとても似ています。どちらも本来の目的を無視して、手段に対して完璧を求め過ぎています。

本来、英語はコミュニケーションを取るためのツール(言語)でしかありません。教科書に載るような完璧な文法でなくても、コミュニケーションが取れればOKなはずです。それなのに、多くの日本人が完璧を求めているため、実際には英語が話せるのに、「私なんて全く英語ができません・・」と卑屈になってしまいます。

読み書きできない漢字がたくさんあり、間違った文法で日本語を話しているし、知らない言葉もたくさんあります。国語のテストで100点なんて取れません。それでも日本語を話せると思っていますよね?それが英語になると途端に・・。

婚活女性が考える趣味も全く同じです。完璧なプロ級の料理ができないと、料理が趣味なんて言っていいのかと悩みます。映画鑑賞は好きだけど、深い見識があるわけでもないし、「トレッキングやボルタリングに数回行ったことあるぐらいじゃ・・」と尻込みします。

婚活の際に聞かれる趣味について冷静に考えてみてください。会話のきっかけ作りやその人がどういう人なのか知るための手段でしかないはずです。別に趣味を競うわけでもないし、完璧であることを求めているわけでもありません。

趣味にはモテと話のネタの2タイプがある

婚活市場において、趣味は2つのタイプに分けることができます。1つは、異性の好感度を上げるための典型的なモテ趣味、もう1つは話のきっかけを作るためのネタ趣味です。

婚活をするなら、万人に受け入れられやすいモテ趣味を1つ、幅広い男性に対応できるためのネタ趣味がいくつかあれば完璧です。これが婚活中に趣味を聞かれたときの正しい返答のテンプレートになります。

冒頭でお話しした通り、趣味を完璧にこなせる必要はありません。自分が好きなことや、婚活のために数回経験する程度で大丈夫です。堂々と「まだ始めたばかりで全然なんですけど・・」と言いましょう。

モテ趣味の王道料理を絶対に抑えること!

この記事を読んでいるということは、「そもそも、趣味なんてないし・・」という女性が大多数でしょう。でも、安心してください。趣味は自分が「これが私の趣味だ!」と思った瞬間から趣味になります。今からモテ趣味を作ってしまえばいいだけです。

そして、まず初めに趣味にして欲しいのが料理です。「何だかありがちだな・・」と思ったかもしれませんが、これが最強のモテ趣味であるのは事実。これさえ趣味にしてしまえば、他のモテ趣味なんて必要ありません。

食は人間の三大欲求の一つであり、結婚後の良い妻を強烈にイメージさせます。これは古今東西変わることなく、もはや当たり前のように人々に知れ渡っています。それなのに、料理ができない女性がなんと多いこと・・。

素敵な男性と出会いたいと嘆きながら料理の腕を磨かないのは、痩せたいと言いながらバクバク寝る前に甘いものを食べているのと同じです。周りから見たらなんと哀れなこと・・。

スポンサーリンク