自分のことを「○○は、・・」なんて下の名前で呼ぶ女っていますよね。親しい友達や家族や彼氏の前ならまだしも、誰だろうと関係なく一人称が下の名前だと、さすがに周りから白い目で見られてしまいます。そして、こんな女性のことを大嫌いな人も結構います。

しかし、本当にイタイのは自分のことを名前で呼ぶ女だけなのでしょうか?そのことに関して、厳しすぎる女性も実は問題があるのかも・・。

そこで今回は自分の事を名前で呼ぶ女だけでなく、そんな人に対して厳しすぎる女性についても解説していきます。

スポンサーリンク

一人称が下の名前はやっぱり変

まずは大前提のお話を。何だかんだ言っても、いい大人が自分のことを名前で呼ぶなんてやっぱり変です。周りの人が違和感を覚えるのも無理ありません。

もちろん、家族や心の許せる親友の前で使ったり、彼氏と二人だけの時に甘えながら言うのなら問題ありませんが、初対面の人の前や職場で「○○はね~」なんて言っていたら馬鹿っぽく見えてしまいます。

  • 空気が読めない女
  • 幼稚っぽい女
  • ぶりっ子

このように、どうしても悪いイメージが付きやすいです。自分の事を名前で呼ぶ女に嫌悪感を抱くのは自然なことと言えます。

所詮は本人の自由

だからと言って、この件に関してあまりに厳しいのも少し問題です。そもそも、自分のことを名前で呼べば、一般的にどう思われるのか?本人も十分に承知しています。それでもやめないのですから、周りがとやかく言うことでもありません。所詮は本人の自由なのですから。

それなのに、本人には面と向かって言うこともなく、影で「あの子、自分のこと名前で呼んでいるんだよ。ありえないよね?」とグチグチ影口を叩きながら共感を求めている・・。これはこれで十分イタイです。

正直、そんなことを繰り返し聞かされている周りの人も「別にどうでもいいよ・・」が本音です。

トラウマがあるから許せない

では、どうしてここまで厳しくなってしまうのか?いくつか理由は考えられますが、過去にこのタイプの女性に痛い目にあわされてトラウマになっている可能性があります。

まだ学生の頃は、自分のことを名前で呼ぶ女性は、それほど珍しくありません。そんな女性は意外と可愛かったりします。そして、その頃は男性も意外と好意的です。

そんな女性と片思いしてる男性が付き合って、片思いが叶わなかった・・。そんな経験があるのかもしれません。他にも、彼氏の浮気相手がそのようなタイプだったのかもしれません。

いずれにせよ、自分のことを名前で呼ぶ女にトラウマがあれば、普通の人以上に敏感になるのも無理はありません。

スポンサーリンク