片思いしている男性と何とかして付き合いたい!でも、恋のライバルが自分より断然可愛い・・。こんな時、全く勝てる気がしないで落ち込んでしまいますよね。それでも、諦めきれない!一体どうすればいいの?

今回はそんな悩みを抱えている女性のために、見た目じゃ勝ち目がない可愛い恋のライバルに負けない方法を紹介します。確かに男は美人が好きですが、それだけで選んでいるわけじゃありませんよ!

スポンサーリンク

美人がモテるのは容姿が理由じゃない!

多くの女性が大きな勘違いをしています。美人は美人だからモテていると思っていませんか?確かに可愛い容姿を男性は好みますが、美人は3日で飽きると言われるように、何度も会えばそれほど大きな魅力としては機能しません。

ブスは3日で慣れるというのはさすがに言い過ぎかもしれませんが、片思いしている彼のストライクゾーン(一般的には普通の女性)に入っていれば、時間が経てば経つほど美人と容姿で差をつけることはなくなります。(もちろん、完全にはなくなりませんよ)

では、なぜ可愛い女の子はモテ続けるのか?それは男性のプライドと関係しています。要するに「俺の彼女は可愛いだろ?」と周りに自慢していだけです。

一緒に美人と歩くことで心が満たされる・・。実は美人がモテ続けるのは、これが最大の理由です。

正直、どんな男性でも「この子はほんとうに可愛いな~」と長期間容姿に骨抜きにされることはありません。長い間男性の心を掴むためには、男の見栄を満たしてあげるか、内面から離れられなくするかのどちらかが必要なのです。

出会ったばかりなら長期戦に

片思いの彼氏と恋のライバルが出会ったばかりなら、取られると思って焦って告白すると逆効果になります。出会った当初は美人プレミアムが強く働くため、容姿に慣れさせる(美人に飽きさせる)まで待つのが無難です。

美人になれていない時は、長期戦に持ち込む。これが可愛い恋のライバルに負けないための鉄則です。

同じコミュニティー内なら、他の何かで男性を満たす

同じ学校の人気の女子だったり、職場の高嶺の花だったり・・。まさにこんな女性と付き合うことこそ、男性の見栄を満たすことに繋がります。

この場合、いくら長期戦に持ち込んでも無駄です。なぜなら、すでに美人によるプレミアムはないからです。ずっと同じコミュニティーにいますからね。

その代わり、付き合うことにより男の見栄を満たす効果がなくなることはありません。いくら待っても、あなたが有利になることはないのです。

逆に言えば、少しぐらい容姿で負けていたとしても、その部分はあまり重要でないとも言えます。恋のライバルに勝つためには、容姿で張り合うのではなく、どれだけ男性の心を満たすかにかかっているというわけです。

これなら、美人だからと言って尻込みする必要はありませんよね。普通の恋のライバルと戦うように、内面で勝負すればいいだけです。

スポンサーリンク