好意を持った男性に名前を呼ばれると嬉しいですよね?しかし、これは何も女性に限ったことではありません。男性も同じように名前で呼ばれると嬉しいと思っています。

そこで今回は名前を呼んでくれる女性に好感を抱く理由を紹介します。いい感じの男性がいて距離を縮めたいと思っているのなら是非参考にしてください。

スポンサーリンク

親近感を抱きやすい

名前を呼んでくれる女性に好感を抱く理由として、まず挙げられるのがこれです。名前を呼ばずに会話することは可能ですが、名前を入れるかどうかで印象は随分変わります。

名前を呼んでくれるのとそうでないのでは、挨拶一つとっても印象は違います。ただ単に挨拶するだけなら、誰にでもしている挨拶にすぎません。一方、名前が入っていれば自分に挨拶してくれていると感じます。

このように、声を掛けるにも名前が入っているかで印象は大分変ります。もちろん、話しかけるだけでもいいのですが、より仲良くなるためには、名前を呼んだ方が得策です。

もちろん、始めは名前を呼ぶことを意識してしまうでしょうが、慣れてこれば自然と言えるようになります。できれば、苗字より名前の方がより親近感を抱きやすいのでいいですが、難しければ苗字でも構いません。是非読んでみてください。

相手も名前で呼びやすくなる

紹介したように、名前を呼んでくれる女性は親近感を感じてもらいやすくなります。その結果、相手も名前で呼びやすくなるでしょう。確かに相手に名前を呼ばれていれば、自分も名前で呼ばないといけないと思いますからね。

もちろん、いきなり名前で呼んでくれるわけではありません。しかし、名前を呼んでいれば徐々に仲良くなって、そのうち自然と名前で呼び合う仲になります。

このように、自分から名前を呼ぶことで、距離を縮められることができます。相手から距離を縮めて欲しい気持ちもありますが、自分から積極的に距離を縮めにいってください。

下の名前を呼ぶことで特別感がでる

名前を呼ぶことが大切なので合って、それは苗字でも一定の効果はあります。しかし、特別感を出すなら下の名前を呼ばなくてはいけません。

男性を下の名前で呼ぶ女性は少なく、名前を呼んでくれる女性に特別感を感じる男性は多いです。特に男友達からも名前を呼ばれていない男性なら、名前を呼ばれること自体に慣れていないため、名前で呼んでくれる相手に特別感を感じます。

もちろん、それですぐに好きになってくれるわけではありませんが、気になってくれるのは確実です。もっとも、いきなり下の名前で呼ぶのはハードルが高いです。始めは冗談っぽく言ってみるなど、徐々に名前で呼べるような関係にしてください。

付き合ってからも効果的

名前を呼んでくれる女性に好感を抱くのは、何も付き合う前だけとは限りません。付き合ってからも効果があります。付き合いたてこそ、そんなことはないでしょうが、関係が長くなってくると、名前を呼ばずに要件だけ言ってしまうことが多くなります。

もちろん、仕方のない面もありますが、これではいい関係を続けることは難しいです。名前を呼ばずに、「お前」「あんた」なんて言っていてはどうなるかは目に見えています。

スポンサーリンク