付き合う前から結婚の話をする男性ってたまにいますよね。もちろん、結婚適齢期になれば、結婚する気がない男性と付き合っても意味がありません。結婚のことを意識してくれているのは嬉しいことです。

しかし、この「結婚」という言葉、重たい言葉でもあるため、付き合う前にされると、「本気なのかな?」と疑ってしまうのも事実です。そこで今回は付き合う前から結婚の話をする男性の心理を紹介します。

スポンサーリンク

本気で好きになったから

付き合う前から結婚の話をする男性の心理として、まずはこれが挙げられます。本気で好きになったからといって、いきなり結婚の話をする男性は稀です。付き合ってから徐々に段階を踏んでというのが普通です。

しかし、そんな男性が多いからこそ、「いきなり結婚の話をすれば本気度が伝わるだろう」なんて思っているのでしょう。確かに少しビックリはしてしまいますが、実際に言われたら嬉しいですからね。

もちろん、実際に結婚できるかどうかは分からないということぐらい分かっています。ただ、少なくとも告白の時点では、「付き合いたい」「将来結婚したい」という気持ちを持っています。

このように自分の本気の気持ちをぶつけたいと思っている男性もいます。相手との関係性は考えなくてはいけませんが、信用できる相手なら信じてあげてください。

相手にも本気になって欲しい

本気で好きになった相手には本気になって欲しいですよね。しかし、相手がどう考えているかなんて分かりません。そのため、結婚という言葉を使って相手にも本気になって欲しいと考えるのでしょう。

確かに付き合う前から結婚の話をしてくる男性なら、適当な付き合いをしたら失礼な気持ちになります。「相手がそうなら自分も」となるのは普通のことです。

このように付き合う前から結婚の話をするのは、自分の気持ちを伝えたいということはもちろんとして、相手にも同じような気持ちで付き合って欲しいという願望があるからです。

相手の年齢を考えて安心させたい

若いうちはまだしも30代にもなれば、付き合う相手が結婚を意識しているかどうかは気になるところですよね。しかし、「いきなり結婚の話をするのは重くなってしまうから・・」という理由で聞けない女性は多いです。

こんな女性の心理をよく分かっている男性もいます。そんな男性は、相手を安心させるためにも、付き合う前から結婚の話をしてくれるのです。

確かに相手の男性が結婚を意識していることが分かった上で付き合えるなら安心できます。「そんな気を使ってくれなくても・・」という気はしますが、これも優しさだと思って素直に受け取ってください。

「結婚」という言葉を使えば女性を簡単に落とせると思っている男性も・・

紹介してきたものは、どれもポジティブなものですが、こんな男性もいるため注意が必要です。初めから騙そうと思っている男性は、付き合う前から結婚の話をして誠実さをアピールしてきます。

結婚適齢期の女性の中には、「結婚」という言葉に弱い女性もいます。事実、こんな言葉に騙されてトラブルになった例はよくあります。

スポンサーリンク