彼氏には下の名前を呼んで欲しいですよね?しかし、そんな気持ちに反して、「お前」「そっち」などと言ってきたり、「ねぇねぇ」「あのさ」なんて言ってくる男性は少なくありません。

「何でちゃんと名前を呼んでくれないの?」と不満に思っている女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は名前を呼んでくれない男性心理を紹介します。

スポンサーリンク

恥ずかしいから

名前を呼んでくれない男性心理として、まずこれが挙げられます。名前は一度呼び出してしまえば、大したことがないのですが、呼び慣れるまでは、「恥ずかしい」という気持ちが先行してしまう男性は多いです。

逆に関係に慣れてしまうと、二人だけの会話になれてしまい、名前を呼ぶことが少なくなってしまいます。そしてその結果、名前を呼ぶことに、「何だか照れくささ」を感じてしまうこともあります。

そのため、彼氏が恥ずかしがっていると感じたら、自分から積極的に彼氏の名前を呼んであげてください。もちろん、それでお互いに恥ずかしがってしまうこともありますが、そんなのはその内慣れてきます。

彼氏に名前を呼んでもらうには、まずは自分から・・。そう心掛けていれば、そのうちきっと名前で呼んでくれますよ。

呼び慣れていないためなんて呼んでいいのか分からない

これも名前を呼んでくれない理由の一つです。名前を呼び合うような関係で交際がスタートしていればいいのですが、そうでないと、なんて呼んでいいのか分からない男性もいます。

確かに、苗字で「○○さん」と呼んでいたり、あまり名前を呼ぶ機会がなければ、付き合ったからといって、「いきなり名前で呼んでいいのか?」となるのも理解できます。また、付き合ってから今までと違う呼び名で呼ぶことに照れてしまうこともあるでしょう。

このタイプの男性なら、迷っているだけなので、呼び名を決めてあげるだけで簡単に解決できます。お互いの呼び名が決まっていなければ、付き合ったのを機に決めてください。そうすることで、彼氏の悩みはもちろんのこと、名前を呼んで欲しい欲求も解消できて一石二鳥です。

今更感がある

元々友達関係だったりするなど、付き合う前の期間が長いと、今更感から名前を呼んでくれないことがあります。長年付き合いがあれば、苗字だったり、あだ名で呼んできたはずです。

それを付き合ったからと言って、急に変えるのは抵抗があるのでしょう。また、名前で呼んでいたというケースもありますが、これもまた、今までと関係性が変わることで呼びにくくなってしまいます。

このように付き合う前の関係性によって、名前を呼んでくれないことがあります。もちろん、お互いに照れくさい面はありますが、放置していてはずっとそのままです。早めのタイミングで、「名前を呼んで欲しい」とお願いしてください。

性格的に名前を呼ぶのに抵抗がある

彼氏が名前を呼んでくれないのには、こんな理由もあります。恐らく、男性は女性の名前を呼ぶものではないという考えを持っているのでしょう。こんな男性は「ちゃん」付けはおろか呼び捨てでも呼んでくれません。

何とも厄介な男性ですが、名前を呼んでもらうことを諦めてはいけません。常に名前を呼んでもらうことは難しいですが、特別な日なら名前を呼んでくれるチャンスはあります。

スポンサーリンク