付き合ってすぐは気になりませんが、付き合いが長くなってきて結婚も意識し始める頃には、彼氏の貯金額が気になりますよね。しかし、貯金額を言いたがらない男性は多いです。

結婚するならお互いのお財布事情を知っておいた方がいいのに教えてくれないのは、一体どんな理由があるのでしょう。そこで今回は彼氏が貯金額を教えてくれない理由を紹介します。

スポンサーリンク

結婚する気がないから教える必要がない

彼氏が貯金額を教えてくれない理由として、まずはこの可能性を考えなくてはいけません。付き合いが長くなれば、普通は結婚を意識します。しかし、男性の中には結婚を全く意識していないのに付き合いを続ける人もいます。

こんな男性は貯金額を聞かれても、「結婚しないのに何でそんなことを教えないといけないの?」ぐらいにしか思っていません。または、「結婚する気がないから貯金額を教えて期待させては悪い」なんて思っています。

もっとも、貯金額を教えたくない理由は他にもあるため、教えてくれないからといって結婚願望がないと決めつけてはいけません。他にも心当たりがあるかどうかで総合的に判断してください。

管理されたくない

紹介したように、結婚したくないから貯金額を教えてくれない男性もいますが、結婚する気があっても貯金額を教えたがらない男性もいます。恐らく、貯金額を教えることで、「管理されそう」と思っているのでしょう。

もちろん、結婚前から管理されることはありませんが、貯金額を教えてしまうと勝手に使ってはいけないような感覚になってしまいます。確かに結婚前の貯金額が減っていたのではなんて言われるか分かりません。

また、現在では結婚しても家計を別々にする夫婦もいます。将来そうしたい希望があるため、貯金額を教えてくれないのかもしれませんね。

貯金をあてにして欲しくない

これも彼氏が貯金額を教えてくれない理由の一つです。お金目当てということではありませんが、貯金があるならあてにしたくなってしまうのは当然のこと。

  • 結婚資金
  • 新婚旅行
  • 新居の費用

結婚の際にかかるこれらの費用はバカになりません。全てを彼の貯金で賄えれば結婚の費用はもちろん、結婚後の生活も安心できます。恐らく、そんな女性の心理が分かっているため、「自分が稼いだお金を取られてなるものか」とでも思っているのでしょう。

ただ、結婚するためにお金がかかるのは事実です。正確な貯金額はいいとして、結婚できる資金があるかどうかぐらいなら聞いておく必要があります。そのぐらいは教えてもらってください。

貯金が貯まっていない

彼氏が貯金額を教えてくれないのにはこんな理由もあります。付き合いが長くなって結婚を考えるぐらいの関係になれば、当然多少なりとも貯金していて欲しいものです。

スポンサーリンク