合コンに代表されるような出会いの場で、「休みの日何してる?」って聞かれることはありますよね。ある意味定番の質問ですが、定番だからこそちゃんとした返答ができなくてはいけません。

しかし、ちゃんとした返答をしようにも、「特に何もしていないから、なんて答えていいのか分からない・・」こんな女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は休みの日何してると聞いてくる男性の心理と答え方を紹介します。

スポンサーリンク

会話の取っ掛かりを探すために無難な質問をしている

休みの日何してると聞いてくる男性の心理としては、まずはこれが挙げられます。初対面に限ったことではありませんが、浅い関係の内は込み入った話はできません。どうしても無難な会話から徐々に仲良くなろうとするのが普通です。

かと言って、「趣味は何ですか?」なんて聞くのではお見合いみたいで少し堅すぎます。その結果、休みの日の過ごし方を聞いているのでしょう。確かにこれなら、趣味や興味のあることを聞けます。自分との共通点があれば、その後の会話も弾むでしょう。

このように会話の取っ掛かりを探している男性は多いです。そのため、会話の取っ掛かりにならないような返答ではいけません。好きなスポーツや好きな趣味など、例え現在やっていなくても話のネタになるようなことを用意してください。

また、聞かれたら聞き返してあげるのがマナーです。相手の男性の休みに過ごし方を聞いて、こちらからも共通点がないか探してみてください。

隙があればデートに誘おうと思っている

男性は休みの日の予定をあまり立てませんが、女性はそうではありませんよね。友達との予定がびっしり埋まっていることも多いです。休みの日の過ごし方を聞いてくる男性には、それを気にしている人もいます。

もちろん、予定があろうと好意のある男性から誘われたらそちらを優先することもありますが、誘う側としては予定が空いていた方が誘いやすいのは間違いありません。

休みは基本的にはアクティブに動いているけど、「みんな結婚して遊ぶ相手がいなくなってきた・・」こんな返事をすれば、「じゃあ、今度遊びに行こうよ」となりやすいのでおすすめです。

このように出会いの場では、ある程度の隙は大切です。出会いがあっても全然関係が発展しない・・。こんな悩みを抱えているなら是非実践してください。

自分に対する好意の有無を確かめている

休みの日何してると聞いてくる男性の中には、こんなパターンもあります。確かに、興味のない男性に休みの日の過ごし方を詳しく教えたくありません。無難な返答になるのが普通です。

  • 友達と遊びに行く
  • 買い物に行く
  • 家でゴロゴロしてる

これらのような何とも取っ掛かりのない抽象的な返答になってしまいます。もちろん、中にはそれでもぐいぐい来る男性もいます。しかし、多くはそうではありません。「話を膨らませる気がないのだな」と諦めてしまいます。

このように思われていいのなら問題ありませんが、好意があるのに誤解されては大変です。嘘を付いてでも何かしていることにしたり、休みの日は暇してるアピールをするなどしてください。

スポンサーリンク