付き合っている彼氏に旅行に誘われたら喜んで付いていきますが、付き合ってないのなら、例え好意を持っていたとしてもどうするか考えてしまいますよね。

昼間に旅行先を楽しむのはいいとして問題は夜です。部屋を分けてくれるなら問題ありませんが、このケースでは一緒の部屋ということがほとんどでしょう。

「一体どういうつもりで旅行に誘っているのだろう?」と疑問に思っている女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は付き合ってないのに旅行に誘う男の心理を紹介します。

スポンサーリンク

下心がある

付き合ってないのに旅行に誘ってくる男の心理で、まず挙げられるのがこれです。もちろん、旅行に誘ってきても下心がない男性はいます。しかし、それは極少数派です。ほとんどの男性は同じ部屋で一夜を過ごせば、体の関係になると思っています。

これは女性でもそうですよね。一緒に泊まったのに何もしてこないのでは、むしろ、「私って魅力ないのかな?」なんて悩んでしまいまいます。

このように男女共に、「旅行に行って一緒に泊まる=体の関係がある」と思っています。男性が下心を持って旅行に誘うのは仕方がありません。

それでもいいなら問題ありませんが、簡単に旅行に付いていってしまうと、軽い女だと思われてしまう危険があります。しっかりした関係を築きたいのなら、「ちゃんと付き合ってから旅行に行きたい」と伝えてください。

半分付き合っているような状態で今の関係を発展させたい

紹介したように下心がある男性がほとんどですが、こんな可能性もあります。特に誕生日などイベント時に旅行に誘われたらこの可能性は高いです。

旅行をきっかけに今の関係をより発展させて、タイミングさえあえば告白しようとしています。こんな男性は下心なんてありません。もちろん、告白の流れからそうなることはあります。しかし、始めから狙っていたわけではありません。

このように、男性が本気の場合もあります。ある程度関係が出来上がって信頼できる相手なら、「告白されるかも・・」なんて期待を持っていいでしょう。

もっとも、好意がある男性だと良い方向に考えてしまいがちです。結局体が目的だった・・。こんな後悔をしないためにも、旅行するかは慎重に考えてください。

昔からの友達など女として見ていない

女性としては何とも複雑な気分ですが、付き合ってないのに旅行に誘う男の心理にはこれもあります。男女の友情が成立するかという問題はさておき、男性との関係性によっては、こう見られるのは珍しいことではありません。

もちろん、相手の男性も一応は一緒に泊まることの危険性を考えています。しかし、「流石に大丈夫だろう」というのが本音なのでしょう。このように特に深く考えていないケースもあります。

ただ、男性と女性である以上、絶対はありません。旅行を誘った時点では何とも思っていなくても、旅行先でお酒が入ったりして途中で下心が湧いてくることもあります。そういうことを考えると、二人だけの旅行は断るのが賢明です。

スポンサーリンク