「結婚はお金じゃない!」なんて言っても、経済力があることに越したことはありません。というか、お金がなければ生きていけませんよね。だからこそ、女性は高年収の男性を求めます。

では、男性はどうでしょうか?一般的には、若さや美貌などの容姿、性格や料理の腕などの内面やスキルを求めます。あまり、女性に対してお金を求める人は少ないでしょう。

そもそも、平均年収が女性より男性の方が高い現状では仕方がないのかもしれません。ただ、少なからず男性よりも稼ぐ女性がいることも事実です。そんな自分より稼ぐ未婚女性のことを、男性はどう思っているのでしょうか?

そこで今回は自分より年収が高い女性との結婚を男性は望むのか?男の本音を紹介します。高収入の婚活女性必見です!

スポンサーリンク

近年では女性にも稼ぐ力が求められる

一昔前と違い、専業主婦は貴重な存在となりました。もはや、夫婦共働きでやりくりしていくのが当たり前です。それなら、女性が男性に経済力を求めるように、男性が女性に同じことを望むのも自然なことです。

「年収500万以上じゃないとあり得ないし~」なんて稼げない女性が言っていたとしても、男性からして見れば「お前みたいな低年収と結婚なんてありえない。俺だって少しでもいい生活がしたい」が本音でしょう。

共働きなら夫婦の年収の合算が、生活水準を決めますからね。相手の年収に多くを望めるのは、それに近い稼ぎがある女性だけ・・。これが昨今の婚活市場です。

ということは、年収の高い女性は男性と同じように、経済力を武器にして婚活を有利に進めることができるのでしょうか?

男のプライドは健在

理論的には、高年収女子は婚活市場で引く手あまたです。しかし、実際にはそんな話はあまり聞きません。確かに、「稼いでいる女性はちょっと・・」と敬遠されることは殆どなくなりましたが、モテるとまでは・・。何だかんだ、男のプライドは健在なのです。

「年収が高いことなんて気にしない!それどころか嬉しい・・」と思っていても、いざ結婚を意識すると二の足を踏んでしまうのは仕方がないことです。

周りからどう思われるか?そのことを気にすると、心がモヤモヤしてしまいます。例え、自分の中で納得できても、不安は消えません。不安は2つあります。

  • 結婚後に夫としての威厳を保てるか?
  • 結婚後に豹変しないか?

それでは詳しく見ていきましょう。

結婚した後の発言力

男性はこのことを最も気にします。尻に敷かれるぐらいならいいですが、夫としての威厳が完全になくならないか心配します。

スポンサーリンク