飲み会に行こうとすると毎回彼氏が嫌がる・・。合コンなら嫌がる気持ちも分かりますが、そうではない飲み会なら、「飲み会ぐらい自由に行かせてよ!」というのが本音ですよね。

ただ、嫌がるということは心配してくれているということです。彼氏の気持ちも汲みつつ飲み会に行けるようにしなくてはいけません。

「どうすれば嫌がる彼氏に安心してもらえるのかな?」と悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は彼女が飲み会に行くのを嫌がる男の心理と、そんな彼氏の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

「誰と」飲むのかしっかり伝える

飲み会を嫌がる彼氏の対処法として、まずはこれをしなくてはいけません。彼の一番の心配は「誰と」飲むかです。もちろん、これをしっかり伝えたからといって、嫉妬深い彼が納得してくれるとは限りません。

しかし、伝えるのと伝えないのとでは全然違います。「彼に知らない人を教えても意味がないだろう」なんて思わずに、「○○ちゃんは高校の友達で・・」などとしっかり説明してください。

また、よく飲みにいくメンバーがいるなら事前に紹介しておくのも一つの手です。別に会ったからといって、どうなるものでもありませんが、何故か会ったことがある人と飲みに行くのを許してくれる男性は多いです。

飲み会に行きやすくするために、普段から友達と一緒に飲む機会を作るなどしておくのがおすすめです。

男性がいる場合は・・

紹介したように、飲み会のメンバーを伝えることは大切です。しかし、男性がいる場合に正直に言ってしまうと、彼と喧嘩になってしまうことがあります。

彼が飲み会を嫌がるのは、「男性がいると何かあるかもしれない・・」と疑ってしまうから。彼が怪しむような男性がいるなら、反対されるのは間違いありません。ある程度は嘘も必要です。

もっとも、男性がいるのにいないと言ってしまうのは、嘘がばれた時が怖いのでおすすめしません。無難に仕事の上司など、仕事関係で仕方なく男性がいると伝えてください。これなら流石に文句も言えないはずです。

安心させることが第一

彼氏が飲み会を嫌がっているなら、飲み会当日も気を付けなくてはいけません。お酒が入るとマメに連絡するのは面倒ですが、それを怠っては今後飲み会にいけなくなってしまう可能性があります。

  • 飲み会に行く前
  • 飲み会開始から2時間程度
  • 帰る前と家に着いた時

最低でもこのぐらいは連絡してください。そうすることで、心配している彼も多少は安心してくれるはずです。ただ、楽しい飲み会だと、連絡するのを忘れてしまうこともあります。

「携帯を見たら彼の着信が一杯・・」こんなことにならないように、アラームをセットしておくなど、忘れないように工夫してください。

スポンサーリンク