「留学する国を決めたのはいいけど、語学学校がたくさんあって、どこにいけばいいかわからない…」と悩んでいる人もいるでしょう。英語力がしっかり身に付き、有意義な留学生活を送れるかどうかは、入学する語学学校によるといっても過言ではありません。

そこで今回は、失敗しない語学学校の選び方を、ポイント別に紹介します!留学を成功させるためにも、時間をかけて検討してみてくださいね。

授業プログラムが充実している

語学学校が提供している授業プログラムを確認しましょう。

たいていの語学学校は、英語の「話す・聞く・書く・読む」といった総合的なスキルを磨く「一般英語プログラム」、ビジネスで活用できる英語を学ぶ「ビジネス英語プログラム」が用意されています。

中には、現地のコミュニティカレッジや大学などへの入学に必要な英語を勉強する「アカデミック英語プログラム」やTOEICなどの試験対策プログラムを設けている学校もあります。

授業プログラムが充実していれば、選択肢も広がりますし、「自分はどのような英語を学びたいか」という目標が見えやすくなるでしょう。また、それぞれのプログラムで用意されている授業内容もわかれば、チェックしておくといいですね。

たとえば、語彙力強化クラスやディベートクラス、プレゼンテーションクラスなど、スキル別のクラスが提供されていると、生きた英語を身に付けることができるといえます。

治安が良い場所にある

初めて留学をする場合、現地の治安に不安を感じることもあるでしょう。全ての国が当てはまるわけではないですが、中には犯罪の発生率が高いエリアもあります。

語学学校は一定期間通うものですから、安心して通えるところがベストです。このため、入学を検討している学校周辺の治安状況を確認しておきましょう。

留学エージェントを利用して入学手続きをとる場合は、担当カウンセラーに訊いてみるといいかもしれません。留学エージェントでは、留学中の学生や帰国した留学生の体験談を集めていることが多いので、参考になるはずですよ。

サポート体制が整っている

異国の地で生活をしていると、何かしら悩みを持ったり、トラブルが発生したりします。そんなとき、頼りになるのが語学学校のサポーターです。

サポーターは、ビザ関連の手続きやホームステイ先の手配、学校生活における悩み相談など、留学生活全般について話を聞いてくれます。

気持ち良く留学生活を送るためにも、語学学校のサポート体制が整っているかも確認しておきましょう。

日本人留学生の数が少ない

留学する国の地域によっては、日本人留学生が多くいる場合もあります。異国の地で同じ日本人に会うと安心感がありますし、仲良くなっておけば何かあったときに助けてくれるかもしれません。しかし、英語の勉強になると別です。

ABOUTこの記事をかいた人

ふじわらあさこ

海外のトレンドとグルメに敏感なWebライター。ニューヨークとトロントへの留学経験があります。BLAIRでは、留学の体験談や話題のグルメ・観光情報などを発信していきたいと思います!