ニューヨークには、シックなニューヨーカーでいっぱい!彼らは、見た目だけでなく、日常生活の過ごし方もおしゃれです。

ニューヨークに留学するのであれば、ニューヨーカーになりきって過ごしてみてはいかがでしょうか?今回はニューヨーカーっぽいおしゃれな過ごし方を紹介します。

早朝にブルックリンブリッジを走る

観光の中心地・マンハッタンと若者文化の発祥地・ブルックリンをつないでいるのが、ブルックリンブリッジです。

私はニューヨーク留学中、このブルックリンブリッジをランニングしているニューヨーカーをよく見かけました。

ブルックリンブリッジ

特に早朝は日の出を見ることができるので、美しいマンハッタンの景色を見にニューヨーカーが集まります。早朝ランは一日の始まりを気持ちよく向かられますし、おすすめです。

もしランニングが苦手であれば、ウォーキングしてもいいですね。端から端まで歩くと約30分なので、立派な運動になりますよ!

ブランチをしてみる

ニューヨークに限らないことですが、海外ではブランチ文化が浸透しています。

特に週末になると、朝はゆっくり起きて、朝食とランチを兼ねてブランチを作ったり、食べに行ったりするニューヨーカーは多いようです。ニューヨーカーのように、週末はブランチをしてみてはいかがでしょうか?

特に凝った料理を作る必要はありません。スクランブルエッグとベーコン、サラダやヨーグルト、ベーカリーで買ったお好みのパンを添えるだけでも、立派なブランチになります。そのとき、オーガニック食材などを使うようにすると、健康的でニューヨーカーらしいブランチになりますよ!

オーガニック食材は、主にWhole Foods Market(ホール・フーズ・マーケット)で買うことができるので、興味があれば行ってみてください。

外に食べに行くのもいいですね。朝からプロが作るブランチを食べれば、素敵な週末を過ごせることでしょう。

おすすめのレストランは、ロウワーイーストサイドにある、パンケーキで有名なClinton Street Baking Co. & Restaurant(クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー・アンド・レストラン)。日本では、青山に出店したことで話題になりましたね。

ABOUTこの記事をかいた人

ふじわらあさこ

海外のトレンドとグルメに敏感なWebライター。ニューヨークとトロントへの留学経験があります。BLAIRでは、留学の体験談や話題のグルメ・観光情報などを発信していきたいと思います!