ワーキングホリデーと言えば、部屋探しや仕事探しが比較的簡単なオーストラリアやカナダへ行く方が多いかと思います。

しかし、人気がある分、日本人が多いため、英語を使わなくても日本語だけで生活出来てしまうこともあります。そのため、海外の友達が出来なかったり、語学力が身に着かなかったり、海外らしい経験があまり出来なかったりといった経験をした方も。

そこでおすすめしたいワーホリ先は、日本人のワーホリの行先としてはメジャーでない国ドイツです。今回はワーホリにドイツがおすすめの理由と魅力についてご紹介していきたいと思います。

英語とドイツ語が同時に学べる

ワーホリに行く方のほとんどの目的が英語力アップですよね。でも、ドイツは英語圏ではないためワーホリの行先の候補に入れないのはもったいないです!

ほとんどのドイツ人は、英語を話すことが出来ます。ドイツの首都ベルリンなどの大都市には外国人が多いため、ドイツ語が話せなくても英語力さえあれば仕事を見つけるのも可能です。

ドイツには英語を学べる語学学校も多いので、語学を学ぶために世界中から留学生がドイツを訪れています。また、学校では英語を学びますが、日常生活ではドイツ語に触れることが出来るので、二つの言語取得が期待できます。

ただし、英語が全く話せない状態で渡独してしまうと、英語を学ぶことで精一杯になってしまう可能性があります。そのため、基本的な英語を身に着けてからドイツへ行くと仕事も探しやすく、英語を上達させると同時にドイツ語も学べるのでおすすめです。

物価が安い

ヨーロッパは物価が高い!というイメージがある方も多いかもしれませんが、ドイツはヨーロッパの他の国に比べて物価が安いのが特徴的です。

経済大国のドイツですが、食料品や日用品が日本よりも安く手に入るので、自炊すればワーホリに掛かる生活費用を抑えることが出来ます。

家賃や学費も日本に比べて安いため、留学先としてもおすすめです。ワーホリ費用を少しでも抑えたい方は、ぜひドイツ行きを検討してみてくださいね!

ヨーロッパ旅行が楽しめる

ドイツワーホリの魅力の一つとして、休みの日は気軽にヨーロッパ旅行が楽しめるということです。

ドイツはヨーロッパの真ん中に位置しているため、ヨーロッパ内の移動がとっても便利。オランダやフランスといった9つの国に隣接しているので、飛行機の費用も安く抑えることが出来ます。

日本からヨーロッパへ行くのに比べたら格安価格でヨーロッパを回ることが出来るので、ぜひワーホリ期間中に旅行を楽しむことをおすすめします。

治安が良い

日本は世界の中でも治安が良い国として知られているため、海外へ出るのが怖いという方も多いかと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

mooo

旅行、ファッション、美容、犬が大好き。ワーホリや留学で見た海外の美しさや素晴らしさをお伝えしていきたいと思います。海外のどこにいても仕事が出来るようにフリーランスライターになりました。次は、どこの国へ行くか考え中。