日本ではタピオカティと呼ばれる台湾発祥のボバティーは一度飲むとやみつきになってしまうと、今アメリカですごい人気なんです。

定番のタピオカミルクティーだけでなく、自分の好きなように選べるのも魅力の一つです。今回はそんな人気のボバティを紹介します。

スポンサーリンク

定番は黒いタピオカ入りのミルクティー

ボバティー

ボバティの定番はベーシックなミルクティに、キャッサバという植物の粉にカラメルを混ぜた黒色のモチっととした甘いツブツブが入っているものです。

パールサイズほどのタピオカは、ドリンクのアクセントになってとってもおいしいんです。

このミルクティにマンゴーやタイティ、コーヒー、アーモンド、はちみつ、イチゴ、バニラなどのフレーバーを加えることができます。甘さもオーダーの時に選べるので自分の好きなようにカスタマイズができます。

甘いのが得意だという人におすすめなのがタロティです。タロとはお芋の種類のひとつなのですが、甘い味でかなり人気があり、これがきっかけでボバティーにハマるアメリカ人も多いんです。

また日本人にもアメリカ人にも人気の抹茶味もあります。日本でも試したことがある人はいるかもしれませんが、甘いのが苦手という人にはあまり受け付けないものかもしれません。

でも、アメリカで流行っているボバティ専門店にはミルクティベース以外にもいろいろな種類があるんです。

さっぱりした味が好みの人にはグリーンティーベース

ほとんどのボバティ専門店にグリーンティーベースのものがあります。グリーンティーって緑茶?と思うかもしれませんが、日本の緑茶とはちょっと違って、アメリカではガソリンスタンドなどでもよく売られているアイスティーの種類です。

このグリーンティーにマンゴー、パッションフルーツ、ラズベリー、パイナップルなど様々なフレーバーを加えることができます。

タピオカの甘さが苦手だという人は、ライチゼリーやレインボーゼリーなどがオススメです。お店によっては薬膳ゼリーなどを用意しているところもあります。

タピオカの代わりに入れてもらえるのですが、柔らかい食感のゼリーではなく、かたさのあるゼリーです。ナタデココに近い食感でさっぱりと楽しむことができます。

暑い日にはスラッシュもおすすめ

またどのお店でも見かけるのがスラッシュです。スラッシュはフローズンドリンクで、こちらもマンゴーやイチゴ、ヨーグルトやスイカ、パッションフルーツなどが人気があります。

スポンサーリンク