遠距離恋愛に対して、「遠距離は寂しそう、辛そう…」「今遠距離中だけど不安になることも多い」と思われている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

筆者は主人と付き合い始めてから結婚するまで3年間の国際遠距離恋愛をしたのですが、最初は続くのかどうか、お互い寂しさに耐えられるのかどうかなど、本当に不安でした。しかし、遠距離恋愛ながらも楽しみながら乗り越えていく方法はたくさんあります。

今回は実際の体験を元に、遠距離恋愛を乗り越えていく方法をシェアさせていただきます。

スポンサーリンク

一人の時間も楽しむ

遠距離恋愛を始めたころは、会いたくても会える距離にいない、デートもできないという事実を辛く思うこともありました。しかし、一人でも楽しめる方法を見つけて以来、次に会えるまでの時間も楽しく過ごせるようになりました。

筆者の場合は、次に会うときに綺麗だと感じてもらいたいという思いから自分磨きを頑張ったり、映画や本の世界に没頭したりなど、一人で過ごす時間もたくさんあった分、それらのことを楽しむようにしました。

結果、美意識もアップしたり、新たな学びを得たりなど、プラスに働くことがたくさんありました。

頻繁に連絡を取る

遠距離恋愛は頻繁に会ったりすることができない分、連絡が大切な要素となってきます。会えないのに連絡も中々取れない…なんて悲しすぎますよね。

メッセージなら、ちょっとした合間にも送ることができるので、メッセージを絶やさずに送りあったり、お互い休みが合う日にはSkypeをしたりなど、何らかのコネクションをキープしておくことが大切です。

筆者の場合は主人のお仕事の都合上、メッセージも中々出来ず、電話も月に一回できればマシな方という時期を1年ほど過ごしたのですが、そのときはお互いミニレターのようなものを毎日書き、次会うときに交換するという方法も取っていました。

次に会うときの予定をしっかりプランする

次に会える予定が明確になることで、遠距離に対して、より頑張っていこうと思えるようになります。

例えば、次に会う予定が決まったら、それまで二人でカウントダウンをしたり、時間やお金に余裕がある場合は旅行の計画を立てたりすると、より楽しみが増してくるものです。

一年に数回しか会えない分、会えなかった分のデートをまとめて楽しむような気分で、思いっきり楽しめるプランを作っちゃいましょう♪

将来の話をしっかりとしておく

会えない辛さに耐え、ゴールが見えないまま続けていく遠距離恋愛ほど大変なものはありません。

お互い、将来に関して話し合う準備ができたと感じた場合は、ある程度の遠距離年数、結婚の時期などを話し合って決めておくことで、遠距離恋愛に対してのモチベーションもグッとアップさせることができます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

一条さき

海外生活2年目で、アメリカに住んでおります。美容やコスメに関すること、お料理やお菓子作り、日本の伝統芸術などが大好きです。皆さまに楽しんでいただけるような情報をお届けできるよう精いっぱい頑張ります♪