よりを戻したい相手に、「やっぱりあなたのことが好き!やり直して欲しい」と言うのは勇気がいります。一度拒否されている相手だけに、普通の告白以上に言い出せなくなるものです。

「でも、自分の気持ちを伝えないと今の状況を変えられない!何とかしなければ・・」と思い悩んでいる女性に言っておきたいことがあります。

もし、元彼に復縁したいと言い出せないのなら、そのまま言わなくても大丈夫です。むしろ、その方が元彼とよりを戻す確率はぐっと上がります。今回はその理由を解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

追えば追う程離れていく

復縁したい相手を追えば追う程、相手は離れていく・・。これは恋愛の基本ですね。当たり前ですね。一度拒否した相手が必死になって追いかけてきたら、誰だって逃げたくなりますよ。

こんな簡単なことは誰だって理解しています。それなのに、いざ自分がその立場になると血相変を変えて追いかけてしまう。冷静さを失うとバカなことをしてしまい、結果自分の望み通りにならないのが人間というものです。

こんな暴走を防ぐ方法の一つが友達に話を聞いてもらうことだと、暴走注意!復縁するための最大のポイントは焦らないことで紹介しました。もし、自分で冷静さを失っていると思っているのなら、一度参考にしてみてください。

とにかく、まずは焦って追いかけることをやめましょう。そのうえで、復縁したいと言い出せない状況をできるだけ長引かせてください。

好きなはずなのに何も言ってこない?

元彼と復縁を望んでいる女性を傍から見れば、誰だってその気持ちに気付くことができます。それは元彼だって同じでしょう。「俺のことをまだ好きだな」と分かっています。それなのに、何も言わない。これが良い効果をもたらします。

男ってのは本当に勝手なもので、自分で振ったくせに、元カノが自分のことを好きでいてくれることに悪い気がしません。むしろ、新しい男に行ってしまうとモヤモヤするし、既に別れているのに多少なりの独占欲が残っています。

もちろん、血相変えて追いかけてくるストーカーまがいの女ならお断りですが、特に害がない元カノなら好きでいてくれることに悪い気はしないのです。どこかで「俺はモテる男だ!」と実感したいのでしょう。

こんな男の身勝手な優越感。満たされないとどうなるか?何故だか相手のことが気になってたまらなくなります。元彼をこのような心理にすることこそ、復縁できるかのカギを握っているわけです。

言い出せない状況=何を考えているのか分からない

元彼のことが好きで寄りを戻したい!その気持ちが第三者に漏れているのに行動しない。自分としては勇気がないだけの話ですが、元彼は混乱します。

このような優越感が満たされない状況を自然と作ることができるため、元彼に復縁したいと言い出せないのなら、そのままでいいのです。

言えないなら無理に復縁したいと言わなくていい理由は理解できたと思います。そこで最後に1つ、混乱している元彼に最後のダメだしをする方法をお教えしましょう。

スポンサーリンク