勇気を振り絞って元彼に告白したけれど、返ってきた答えは「少し考えさせて・・」だった。復縁を申し込むのは、普通の告白とは違います。

一度は付き合った相手です。予想外だから考える時間が必要なわけではなさそうだし、別に気を遣う相手ではありません。嫌ならそういえばいいし、OKなら抱きしめてよ!一体どういうつもりなんだろう・・。

今回は復縁したいと伝えた元彼に煮え切らない返答をされて悩んでいる女性のために、「考えさせて」と言う男性心理を、いくつか考えられるパターンを上げて解説していきます。

スポンサーリンク

想定内なのはあなただけかも!?

確かに復縁を申し込むのは、普通の告白とは違います。全くの予想外の相手から愛の告白を打ち明けられるわけではありませんからね。また、私が好きなことを、あなただって知ってるでしょ!と思っているはずです。

ただ、それは女性側の考えであって、元彼からしたら本当に予想外だったのかもしれません。すでに綺麗サッパリ終わっている相手が、まさかまだ自分に未練があることに驚いている可能性は十分にあります。しかも、今自分の目の前で好きだと言っている・・。

とっさに「考えさせて・・」と言ったことに深い意味はなく、本当に「ちょっと待ってよ!」という心理から口に出たのかもしれません。

好きではないけど嫌いじゃない

すでに新しい彼女がいれば、即答で断っているはずです。それをしないということは、まだ新しい彼女がいない=可能性があるということ。つまり、反射的にOKを出すほどの気持ちはないけれど、嫌いじゃないから考える余地はあるということです。

何だか煮え切らないと思うかもしれませんが、これは復縁できる可能性が相当高いパターンです。一度嫌になって振った女性が追いかけてきたら、取りあえず拒否するのが男の素直な反応です。

それをしないということは、綺麗な別れ方をできている証拠。綺麗な別れ方ができていれば、ふわっとよりを戻すなんてこともあり得ます。

ただ、「じっくり考えたけど、やっぱり無理だわ・・」って返答も十分に考えられますので、あまり期待しすぎないように。

ずる賢い男はキープするつもり

とっさに拒否することなく、考える余地ありだと答えを持ち越す全てのケースが喜ばしいわけではありません。本当に真剣に考えようと思っている男性もいれば、「取りあえずキープしておくか」と損得を考えて返答しているケースもあるからです。

こんなずる賢い男かどうかは、その後すぐに判明します。彼らは間違いなく、しばらく曖昧な関係を続けることを提案していきます。

本当に正式な彼女として迎え入れてもいいけれど、現時点で他にイイ感じの女性がいる場合に、ずる賢い男はこのような提案をして天秤にかけます。まぁ、恋敵に勝つことができれば復縁できる可能性は十分にあるだけマシですが。

最悪なのは都合のいい女にされること

最悪なのは、よりを戻す気はさらさらないけど、都合のいい女にしておこうとするケースです。こちらも曖昧な関係をだらだら続けようとします。目的はたった一つ、あなたの身体です。

スポンサーリンク