アメリカのヘアアイロンは日本よりも温度設定が高いことが多いので、日本のプロのヘアメイクさんも愛用をしているグッズの一つなんです。しかし、種類がたくさんあるので旅行に行った際にどれを買えばいいのか悩みますよね。

今回は今年人気のヘアアイロンやとその特徴を順に紹介します。

スポンサーリンク

ジーエイチディー・プラチナム・スタイラー(GHD Platinum Styler)

ジーエイチディー・プラチナム・スタイラー

GHDはおしゃれでスタイリッシュな見た目と様々な用途に使えるマルチな形状のストレートアイロンです。このストレートアイロンに温度設定はありません。スイッチオンで自動的に185度までたった20秒で温まります。

このアイロンは温まるまで他のことをして待つ必要はありません。一定の温度をキープしてくれるので、アイロンが熱くなりすぎて持ち手を火傷することもありません。

髪にダメージを与えずに使うことによって髪がツヤツヤで健康になります。アイロンは丸みを帯びた作りになっているのでカールやウェーブなども簡単に作ることができます。

白と黒以外にも限定色が常に発売されているので、自分の好きなデザインのものを選んでくださいね。定価はちょっと高めの249ドルです。

ジーエイチディー・プラチナム・スタイラー

ティースリー・シングル・パス・ラクセ(T3 SINGLE PASS LUXE)

T3 SINGLE PASS LUXE

GHDよりも少し買いやすいお値段で、高級感のあるストレートアイロンがT3のシングル・パス・ラクセです。白と黒以外にもパステルカラーの色味が取り揃えられています。

温度設定は126度〜210度まで5段階あります。このストレートアイロンもストレート以外にカールやウェーブなどが作りやすいです。

おしゃれな見た目と軽さが魅力です。定価は180ドルです。また、髪の短い人や旅行に持っていきやすいコンパクトサイズもおすすめです。コンパクトサイズは定価89ドルです。

スポンサーリンク