日本ですっかり国民的イベントになったハロウィン。10月31日には、全国各地でハロウィンイベントが開催されることも当たり前になってきましたね。

そんなハロウィンは、ニューヨークで親しまれているハロウィンの楽しみ方を真似すると、より一層エキサイティングな一日になります!ここでは、ニューヨーク流ハロウィンの楽しみ方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

そもそも「ハロウィン」って何?

ハロウィンと聞くと、「仮装をしてパレードを楽しむイベント」や「子供たちがお家に訪問して”Trick or Treat?”と言ってお菓子をもらうイベント」というようなイメージを持つ人が多いと思います。

もともとハロウィンはヨーロッパの宗教的な行事で、日本でいう「お盆」のようなものです。古代ヨーロッパにはケルト人という民族がいたのですが、彼らは10月31日を冬が始まる日としていました。

そしてその日は、先祖や悪霊の魂が自宅にやって来ると信じられていたそうです。これらの霊が自宅に入ってこないようにするために、人々は仮装をするようになったといわれています。

また、子供たちに”Trick or Treat?”といわれてお菓子を渡すことについては、子供たちが家でいたずらなどの悪さをしないようにという、一種の魔よけのような意味合いがあるのだとか。

現在、発祥の地ヨーロッパの各国やアメリカでもハロウィンは宗教的行事と捉えられておらず、人々が楽しめるようなイベントになってきています。

ハロウィンの楽しみかたは、各地域によって様々です。私が留学していた都市・ニューヨークでは、10月31日ハロウィン当日は街を上げて、子供はもちろん、大人までもかなり楽しんでいる様子でした。

そんなニューヨーカーを見て、「ハロウィンはこうすると楽しめるのか!」と思ったことを、ここではご紹介したいと思います。

ちょっと怖めな仮装をしてパレードに参加してみる

仮装する人

日本でもすっかりお馴染みになったハロウィンの仮装。毎年「どんな仮装にしようかな?」と楽しみにしている人も多いでしょう。

TVニュースを見ていると、日本人のする仮装は漫画のキャラクターなどユーモアがあふれていて、くすっと笑ってしまうものが多い印象です。

しかし、ニューヨーカーの仮装は、ホラー要素が入っていて少し怖く、不思議な雰囲気を醸し出しているのが特徴です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ふじわらあさこ

海外のトレンドとグルメに敏感なWebライター。ニューヨークとトロントへの留学経験があります。BLAIRでは、留学の体験談や話題のグルメ・観光情報などを発信していきたいと思います!