復縁したくて、いざ告白しよう!と思っても会えない状態だったり、直接ではなく文の方が気持ちを伝えやすいという人も中にはいると思います。

正直言えば、直接告白した方が成功率は上がりますが、どうしても文面じゃないと…という方のために“LINEを使った復縁告白テクニック”をご紹介します。

スポンサーリンク

タイムラインで下準備を

LINEの凄い所は普段会えない友人の心境を知れるとこじゃないでしょうか。

LINEのタイムラインという機能は、大まかに言えば自分や友達が投稿した画像や動画、コメントなどが見れるサービスで、友人同士であればタイムラインを開くだけで勝手に出てきます。

そのサービスを使うことで、普段会うことができない元カレに自分の近状を何気なく知らせることができます。直接誘えないけど、自分の今の姿を見てほしい!興味をもってほしいと思った際には有効です。

ただ投稿するものは“彼が想像もしない意外な趣味を始めた”とか“資格取るために日々奮闘中”とか前向きでプラスになる内容のみOKです。

病んでいる内容などは絶対投稿しちゃダメですよ!元彼に自分の変わった姿を見せてあげられる内容にして“変わったな”と興味をもってもらいましょう。

自撮り写真は止めよう

また、LINEには自分を知らせる画像を自由に変えることができますよね。画像を変える度にタイムラインや友だち一覧に表示されます。(設定によっては出ない)そのため、自分をアピールできるツールとなりますが、ここで張り切った自撮り写真は控えましょう。

今は多くの可愛く自撮りが取れるアプリも出ていますが、男性受けがとても悪いです。ちなみに自撮りも男性受けが相当悪いです…。

芸能人やモデル、アイドルは別ですが、一般人がやると痛く感じるようです。しかも、それが本人と分からないくらい可愛く撮れていたら、更に嫌悪感すら感じるほど。

自信を持つのは良いことですが、自撮りばかりしている女性を彼女にしたいと感じる男性は稀ですよ。自然なあなたらしい笑顔や可愛い動物やお花の方が、男性から見て“可愛い女の子”に見えます♡

LINEを送る時間に注意せよ

ここからは相手へLINEで告白する際に注意することです。これはメールであっても電話であっても基本的なことですが、LINEが当たり前になっている現代は手軽さ上に「相手の都合を考える」という常識が曖昧化してきています。

ふと気づけば、自分がLINEを見た時間にそのまま返信していませんか?時間をしっかり見て送り返しているでしょうか?日頃、できていない人は要注意。

早朝や元彼の勤務中、夜遅い時間に送っては、大切な告白メールが迷惑メールになってしまします。ましてやお互いの生活を知っているはずの元カノから送られては、非常識極まりないと感じてしまうのでLINEを送る時間には注意しましょうね♡

スポンサーリンク