いつも遊んでいる友達、なんでも話せる友達、親友とさまざまな人付き合いがあるかと思いますが、全員が全員あなたにとってすばらしいというわけではないはずです。

「この人のこういうところがイヤ」とか「この人はいつもこうだ」と、好きな友達でさえも、気になる点があるのではないでしょうか。

あなたがそう思っているように、あなたの友達も同じようにあなたのことを「ちょっとウザいかも?」と思っているかもしれません。人間は自分のことを客観的に観ることは苦手です。

友達にウザいと思われていないかどうかのチェック項目を共有しますので、自分やあなたの友達に当てはめてみてください。

スポンサーリンク

自分中心に物事を進めたがる

いつも自分の意見が正しいと思っているがゆえに自分の意見を優先させたい、思い通りにならないと機嫌が悪くなるという人は、意外と多いのではないでしょうか。

人間は自分の価値観に基づいて行動するので、自分が正しいと思っていることを曲げるのは難しいものです。自分の思い通りにならないと、「この人はわたしを認めてくれていない、信用していない」と感じ、機嫌が悪くなります。

自分の思い通りにならなくても、みんなで意見を交わして最善の行動をとれるようにコミュニケーションすることができなければ、関係は長く続くものではありませんよね。

機嫌を損ねてしまう人は基本的に自己中心的で、自分の内側に篭ってしまうタイプの人です。人の意見を聞こうとする姿勢がなければ、誰も相手にしてくれなくなってしまいます。

「ウザい友達」になりたくなければ、自分の意見を言うならば相手の意見もしっかり聞き入れ、お互いが納得した上で行動をとれるようなコミュニケーションをしていきましょう。

SNSでのリア充アピールの方法

SNSは誰でも気軽に情報を共有できる優れたプラットフォームです。「流行りのカフェに行った」「話題のサービスを受けてみた」などという情報を流すことで、見ず知らずの人とも簡単にコミュニケーションをとることができることは、SNSの大きな利点ですよね。

しかし、その情報が一本通行なものだったらどうでしょうか。やたらときらびやかな写真、カップル同士のラブラブな写真や仲良しメンバーとの写真など、そういったものばかりで埋め尽くされたSNSは、芸能人を除いて需要はゼロに等しいのが現実です。

SNS上で発信された情報は自動的に届くので、リア充アピールに満ちた役に立たない情報がタイムラインに頻繁に流れてきたらウザいですよね。そういったことが原因で、ブロックしている相手はいませんか?

あなたが誰とどこへ行って何をしたのかに興味があるのは、あなたのストーカーだけです。この機会に、SNSの使い方を見直してみましょう。

連絡が独りよがり

自分の都合がいいときだけ遊びや飲みに誘ったり、自分が暇な時にだけ連絡をしてきたりという友達はいませんか?

スポンサーリンク