浮気をしてしまったけど、彼と別れたくないと悩む女性は多いです。ただ浮気は、そう簡単に仲直りができるわけもなく、謝り方次第では振られる原因になることも…。

浮気後の謝罪は、一歩間違えると更に炎上させることにもなりかねないので、特に気を使わなければなりません。そこで今回は浮気してしまった女性から彼への正しい謝り方を伝授します。

スポンサーリンク

男性の考えは論理的

男性と女性の考え方が違うのは、有名な話ですよね。つまり浮気した時のベストな謝り方にも、男女で大きな差があります。

女性が浮気をされたときは“誠心誠意謝って、自分への愛を明確にしてほしい”と考えるものです。ですが男性は、“浮気をした原因と、今度どう対処するのか考えることが反省だ”と考えます。

感情的な女性に対し、男性は論理的であるからです。ですから、女性から男性に謝る際は、しっかりと物事の道筋をしっかり立てて説明をする必要があります。

ただ謝るだけでは、何の解決にもならないし、反省していないと捉えられてしまうので要注意。

男性は肉体の浮気が大嫌い

心を奪われることを嫌うのが女性。身体を奪われることを嫌うのが男性。と、言われています。

もちろん女性も肉体関係を持たれるのは嫌で当たり前ですが、それ以上に男性は、肉体関係を持たれることを嫌います。

あなたが嫌だと感じる以上に、彼は相当ショックを受けていることをしっかり理解しましょう。

逆ギレはNG

浮気をした理由は様々だと思いますが、女性が浮気をする理由で多いのが“寂しかった”から。

旦那様や彼氏さんがあまり構ってくれず寂しかった、女としての自信が無かったという理由から、女性は浮気をしがちです。

その場合、相手を責めてしまいがちですが、キレてしまってはただの逆ギレです。せっかく謝りたいと思っていても、気持ちは全く伝わりません。

相手から理由を聞かれたら、落ち着いて話をしましょう。その際に謝罪の言葉も混ぜることを忘れないように。理由だけの説明だと、開き直っていると男性から思われる可能性が高いです。

また、ついつい泣き出したくなるかもしれませんが、ここはグッと堪えてください。あくまでも、同情を誘うのではなく、謝罪の気持ちを伝えましょう。

スポンサーリンク