日本と同じ海に囲まれた島国なのに、食に関してとても保守的なイギリス人。それでも昨今では、徐々に日本食はヘルシーだとベジタリアンや健康食嗜好の方から注目を集めつつあります。

今回はそんなイギリスでの和食の評判を紹介しつつ、日本食が初めての外国の方にも喜んでもらえるお勧めメニューをあげてみます。

ソースが決めて「お好み焼き」

香ばしいソースとお野菜がたっぷり入っていて、ロンドンでもとても人気のあるお好み焼き。一度食べるとすっかりハマる方も多い日本食のひとつです。

お店で食べるのもいいですが、自宅のホットプレートで焼いてあげるのがエンターテイメント性があってウケが良いのでお勧めです。

アレンジとしてはチーズを入れたり、豚肉をベーコンに変えたりと洋風アレンジが喜ばれます。ただしトッピングの削り節と青海苔は「動いてて気持ち悪い」という方もいるので、乗せる前に確認して。

ポテトコロッケ

主食がじゃがいものイギリス。イギリスにはコロッケに似た、魚とマッシュポテトを混ぜて丸く形成し揚げた「フィッシュケーキ」というものがあり、レモンやタルタルソースなどと一緒に頂くお料理です。

そんな理由もあってポテトコロッケは初めての方にも親しみやすく、おいしい!と言ってくれる方が多いです。ソースやケチャップ、オーロラソースなどを好みに合わせて添えてあげましょう。

初めての寿司なら「手まり寿司」

日本人と言えばSUSHI、という系図が頭にあるのか、食事の話になると大抵「作れる?」と聞かれるのがお寿司です。

イギリスでもスーパーでコンビ二弁当のような形状で販売されていますが、お世辞にも美味しいものではないのが現状 (ロンドンにはおいしいお寿司のお店やテイクアウトもあります)。そのほとんどはベジタリアン向けに作られています。

世界的にメジャーになったお寿司ですが、未だに海苔や生魚が苦手という方もたくさんいます。そこでホームステイ先や自宅で振る舞うなら、海苔を使わない手まり寿司がお勧め。

クリームチーズやアボカドなどを使った洋風アレンジも見た目もキレイでとても喜ばれます。

間違いなしの「照り焼きチキン」

「TERIYAKI」ソースがスーパーでも普通に販売されるくらい、あの甘いお醤油味はイギリス人にも大人気。鶏肉の好きな方が多いので、照り焼きチキンは大抵の方が喜んでくれるメニューです。

現地の方は市販されているソースを使用しますが、醤油やお酒でちゃっちゃと作ってあげると「自分で作れるものなの?」と感心されてしまう魔法のタレ。

ABOUTこの記事をかいた人

Maru

イギリス在住の元インテリアコーディネーター。趣味はDIYとガーデニングです。日常から感じた何コレ?や、カワイイ!ビックリなどのアレコレを楽しくシェアできたらと思っています。