前はあんなに仲良かったのに、最近なんだか様子が違う・・。付き合いが長くなれば、最初の頃よりお互いに落ち着くのは自然なことです。でも、彼氏に飽きられたのか不安になる女性がいるのも事実。

今回はそんな彼氏に飽きられたのでは?と悩んでいる女性のために、LINEで分かる男性が彼女に飽きたサインを紹介します。

スポンサーリンク

男性にとってLINEとは!?

今や業務連絡もグループを作ってLINEでやり取りをする時代となっています。そうなるとメールと違って、LINEというアプリそのものを必然的に開く機会も多いはず。彼女からのメッセージ通知も自然に目に入ることも多いでしょう。

なかなか返信の来ない彼氏に対して、「仕事や友達関係で連絡をしているなら、ついでに自分に返信をしてくれてもいいのでは?」と思っていませんか。

LINEといっても向き合い方は人それぞれであり、LINEだからこそ返事が来なかったり既読スルーしている場合もあるのでご注意です。

LINEで既読スルーばかり…これって飽きたってこと?

メールと違ってLINEは読んだらメッセージ横に「既読」マークが付きます。これを「読んだということが相手にも伝わっているのだから、返事はしなくて良いのでは?」と考える男性がいるのも事実なんです。

「明日は○○時にいつもの場所集合ね!」というようなメッセージに対して、「了解」などの短い返事のみの男性は、もしかしたら慣れてくると既読スルーという手段を取るようになるかもしれません。

このタイプの男性はスタンプさえも送らないケースも多いので、既読スルーだからといってすなわち「あなたに飽きた」と考えるのは、まだ早いかもしれません。

既読スルーより深刻?未読スルーとは

男性はあまり連絡がこまめでないと思われがちですが、LINEの返事が比較的早く雑談なども良くするタイプの男性もいます。

しかし、それまで他愛のない会話を楽しんでいたのに、急にLINEの返事が遅くなる、既読スルーしがちになった、というのは、もしかしたら新鮮味がなくなったと感じた表れかもしれません。

そしてもっと深刻なのは未読スルーを取るパターン。既読を付けると「返信をしなくてはいけない」と、どことなく気を遣った経験をした方も多いのではないでしょうか。

そういった気遣いさえわずらわしいと感じられているのなら、飽きられた可能性が高いかもしれません。

もちろん、お相手の体調不良やスマホの故障等の理由も考えられますので、いきなり怒りをあらわにしたり悲観したりする前に、そういったケースも念頭に置いておきましょう。

LINEの返事がスタンプばかりってどうなの?

LINEのスタンプはバリエーション豊富で、一言返すメッセージに添えると画面も華やかになり、きちんと相手に返信しているという印象にもとらえられます。

スポンサーリンク