ワーキングホリデーや駐在などで働く日本人が多いカナダ。仕事に応募する段階から日本の普通とカナダの普通は大きく異なるので、知らずに生活すると日本人にとっては驚くことばかりです。

今回は筆者がカナダ生活で知った、日本とカナダで大きく違う働き方についてご紹介します。

スポンサーリンク

カナダのレジュメは明瞭簡潔!?

一般的な日本の履歴書は、両開きでA3版かB4サイズで、その中に顔写真、住所、生年月日、性別、電話番号といった一通りの個人情報を記入する欄、さらに学歴や取った資格、志望動機、自己PR欄、長所・短所、趣味、など記入する欄があります。しかし、カナダではこういったフォーマットの履歴書はないのです。

カナダで履歴書はResume(レジュメ)と言うのですが、日本とは違ってコンビニや文房具店などには販売されていません。

住所や氏名などの個人情報や希望職種、スキル、自分の長所、職歴、最終学歴など、ある程度書くことは決まっているものの、レターサイズの白い紙に書くため、基本的にはかなり自由度が高くなっています。

このほか、日本の履歴書と大きく違う点があります。

  • 顔写真は貼る必要がない
  • 年齢を記入する必要はない
  • 家族構成、趣味などプライベートなことは書かなくてよい

これは企業側が応募者を人種差別やプライバシーなことで差別することなく、みな平等に見ることが大切だと考えられているからで、もし顔写真を貼ることなどを共用する企業があれば、世間からバッシングされるようです。

レジュメはとにかく配る!

日本では履歴書を完成させたら、正社員の場合は一通一通企業に郵送し、アルバイトの場合は電話でアポイントを取ってから面接時に渡すというのが一般的。

しかし、カナダはレジュメを大量に印刷して直接店舗に出向いて配って歩くのが普通のようです。(もちろん郵送する場合もありますよ)

また日本だと、残念ながら次の選考に進めなかった場合は、企業から電話やメールなどでいわゆる「お断り」の連絡が来るのに対し、カナダでは何十社もレジュメを配ったのに、片手で数えるくらいしかレスポンスが来なかった…というのもザラ。

心が折れてしまいそうになりますが、めげずにどんどんトライすることが大事です!

カナダは職をゲットさえできれば働きやすい環境?

レジュメを配る間はとても大変かもしれませんが、仕事をゲットできさえすればカナダはとても働きやすい国です。

例えば、家族との時間や政治経済の話まで!カナダ人から学ぶ人間関係の記事でも少しお話ししましたが、カナダ人は家族と過ごす時間、ワークライフバランスを大切にします。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

yurie.s

英語がほとんど話せない状態で、新聞記者の仕事を辞めて夫とカナダ・オンタリオ州のウォータールー市へ。四苦八苦しながらも、楽しいカナダ生活の情報を現地から発信しています。