H&MやZARA、Bershkaなど色々な海外ブランドのファストファッションが日本にも浸透しています。しかし、海外の女性と日本の女性の好みはやはり違うものも多く、それらのブランドばかりで揃えてしまうと日本では少し浮いた存在になるかもしれません。

そこで今回は、海外ブランド店で買うべきおすすめアイテムとNGアイテムをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ベーシックアイテム

シンプルなTシャツ、ニット、ロングTシャツなどは海外ブランド系だと、フリルやリボンなど余計なものがなく究極にシンプルなものが揃う可能性が高いです。

生地の質はあまり良くない場合も多々ありますが、値段もかなり安めなのでインナーとして着たり様々な活用法が出来るアイテムですね。

ベーシックアイテムだと日本ブランドのUNIQLOなどに頼りがちですが、H&Mなどで購入出来るロングTシャツなどは日本ブランドのものとはまた違う、伸びのある生地が特徴的だったりし、ベーシックアイテムではありますが個性もさりげなく演出することが出来る優れものなんです。

バッグや小物

日本人の感覚からすると、派手なものが多いように思える海外ブランドですが、バッグや小物はすこし派手なくらいがファッションのアクセントになりますよね。

例えばあまり使用頻度が高くないパーティバッグなどは、グリッターがふんだんに散りばめられているキラキラ系のものをチョイスしてみてはいかがですか?

海外ブランドは派手で大胆なので手に取ってみるのに勇気が必要ですが、逆にこのような小物の場合は華やかさが演出できるので持っていて損はないアイテムですよ。

また、バッグだけではなく、アクセサリーやハットなどにも注目してみてください。このような小さいけれども全体に良いアクセントを加えてくれるアイテムに力を入れると、ファッションにまとまりが生まれるのでこなれ感を演出することができますよ。

トレンドのトップス

トレンドのトップスなどは、やはり何枚か持っていたいアイテムですよね。しかし、所詮は流行りもの。来年また着れるか分からないようなものも多いと思います。

そんなトレンドトップスのために、大金は使いたくないですよね。そんなときは、海外ブランドのファストファッションに頼りましょう!海外ブランドなのでやっぱり流行には敏感なので、流行りのトップスもいち早く取り揃えています。

流行ものは知人とカブるのは避けたいので、海外ブランドだとラインナップも充実しているので、その可能性も減りますよね。そしてとにかく安いので、来年は着ないかなあという感じの危険な流行りアイテムは海外ブランドで揃えましょう。

逆に危険!ワンピースやスカートなどNGアイテム

これまでは海外ブランドで買うべきアイテムをご紹介してきましたが、逆に買うと危険なアイテムもご紹介しておきます。

悲しいかな、欧米人とは足の長さが完璧に違い、日本人には究極に似合わない可能性が秘められているアイテムがあるのです。

スポンサーリンク