ニューヨークといえば、ファッション、アート、音楽など、色々なものの中心地ですよね。

そんなニューヨークで12の店舗を持つアーバン・アウトフィッターズ。流行に敏感な20代をターゲットに展開する人気のセレクトショップです。

ニューヨークの街中を歩いていると、よく見かけるのでオシャレに敏感なニューヨーカーで知らな人はいない!といっても過言ではない有名なお店のアーバン・アウトフィッターズ。

現在はその人気からアメリカ、カナダ、アイルランド、デンマーク、スウェーデン、ドイツ、ベルギー、イギリスなど世界中に140店舗を展開しています。残念ながら、まだ日本では未上陸のアーバン・アウトフィッターズを今回は紹介します!

 

ブランド名『アーバン・アウトフィッターズ』から見るその志向

そもそも「アーバン・アウトフィッターズ」は、ファンキーをテーマに掲げられたお店「The Free People’s Store」というブランドだったのですが、その後名前を『アーバン・アウトフィッターズ』に変更。直訳すると「都会の洋服屋」という意味になります。

店内

「コンテンポラリーアートや音楽などに興味を持つ都会の人々に向けたファッションを」という由来を込めてこのブランド名に変えられました。

その名の通り、現在ではオシャレなニューヨーカーに認められたお店として、センス抜群で心地良いアイテムを多く取り揃えています。

店内

ライフスタイル提案型のお店

アーバン・アウトフィッターズでは、もちろん選び抜かれたセンスの良い洋服も販売していますが、それだけではありません!

アパレルのみならず、下着、雑貨やコスメ、ジュエリー、シューズ、レコード、インテリアアイテムなど様々なものが展示・販売されています。

さらに、ニューヨークの中心街である5番街の店舗においては本格的なコーヒーを売りにするカフェまで併設されているのです。

服のディスプレイ

RECOMMEND PR

ABOUTこの記事をかいた人

Aya

オーストラリアの大学卒業後、ドバイで7年間客室乗務員として勤務、その後ニューヨークへと移住しました!最近はスペイン語のレッスン中。旅行、スイーツが大好き❤︎ 好奇心旺盛です。いつもニューヨークで楽しいものを探しています☺︎