大好きな彼氏に振られてもう半年…。まだ彼のことが忘れられないけど、彼は自分のことをどう思っているのかな?充分な冷却期間もあったし、もしかしたら復縁の可能性はあるかも…。

そんなことを考えている女性のために、今回は別れて半年後の男性心理や復縁の可能性について紹介していきます。

スポンサーリンク

丁度いい冷却期間

別れて半年も経てば、お互いある程度冷静になれるものです。振られた方も第三者がドン引きするような暴走をすることもなくなるだろうし、振った元彼も「もう顔も見たくない!」なんて嫌悪感は消えているはずです。

まさに冷却期間としては十分だと言えるでしょう。ここまでおかしなことを元彼にしていなければ、本格的に復縁するために動き出すタイミングとしては抜群です。

二人の思い出が美化される

別れる前後は振る方もストレスが溜まっています。今までの楽しかった思い出なんてなかったかのように嫌悪感でいっぱいです。でも、先程説明した通り、別れて半年も経てば心のモヤモヤも消えています。

こうなると、付き合っていた頃の良い思い出もよみがえってきます。それどころか、過去の楽しかった時間は美化されて、元カノ自身もイイ女だったな~と懐かしむ余裕も生まれます。

もちろん、ひどい別れ方をしたらここまで楽観的に離れないでしょうが、通常は嫌悪感の谷底は終わっている時期です。むしろ、懐かしんで過剰に評価が高くなる時期に差し掛かります。

誰だって、自分と時間を共にした人のことを、価値ある人だったと思いたいものです。それが直接自分自身を高く評価することにもつながりますからね。

元彼が好きだったところをアピール

こんな昔を懐かしむ少しお熱な元彼を落とすのは、あなたが考えているよりずっと簡単です。元彼はあなたの良いところを懐かしんでいるはずです。その良い部分=元彼が好きだった部分をアピールすればいいだけ。

単純に思えるかもしれませんが、人が求めているものを与えるほど、人の心を動かすのに効果的なものはありません。こんなことで…と思うかもしれませんがぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク