一度別れた人と復縁したい時、どのような形で再び接点を持てばよいのでしょうか。別れ方や、別れてからの年数、お互いの年齢、現在の相手の状況によってアプローチの仕方は変わります。

例えば、元カレが今の彼女とラブラブな状態の場合、元カノとして再び土俵に上がるのはとてもハードルの高い問題です。また、振られて別れている場合もアプローチの仕方が難しいところです。

遠距離恋愛で物理的に距離ができたなど、決定的な原因もなく別れてしまった場合などは、きっかけがあれば再燃の可能性もありそうです。

復縁したい女性の気持ちとしては、寂しさや弱さからという場合もあれば、「いろんな人と付き合ったけれどやはり元カレが一番の理解者だった、一番愛情を注げる人だった」と気づく場合もあるでしょう。

いずれの場合にせよ、一度は別れてしまった関係です。修復するにも、再燃させるにも、相当の覚悟と努力が必要です。

では、復縁したいとき、元カレに対してどのようなアプローチを心がけ、具体的には、どのように飲みに誘うのが効果的なのでしょうか。

スポンサーリンク

「相談にのってほしいことがある」と頼りにしていることを伝える

久々に連絡をとる口実として「相談にのってほしい」というのは一つの手です。特に男性は女性に頼りにされることに悪い気はしないでしょうから、よっぽどひどい別れ方をしていない限り聞いてくれるのではないでしょうか。

元カノが飲みに誘っているという状況は、男性の「器」を試されている問題でもあり、むげにできない面があります。

たとえ自分は現状に不満がない場合でも、男気のある人であれば一度は相談にのってくれることでしょう。男性は頼りにされると嬉しいものです。

前置きはせず「飲みに行かない?」という直球を投げてみる

ちょっと勇気のいる方法ですが、あえて理由を言わず、「暇な日があったら飲みに行かない?」という直球を投げてみるのも一つの手です。

これは飲みに誘うストレートな手段ではありますが、相手の反応をみて「友達として」でも「恋愛対象として」でも、どちらの方向にも持っていける方法でもあります。

相手が困っている様子であれば、「友達として」連絡したのであり、深い意味はないよという素振りを見せます。相手の反応に手ごたえがあれば、そのまま押すのみです。

共通の知人の話題をネタに同窓会的な企画をする

これは共通の知人がいる場合に有効ですが、サークルや同級生など共通の知人がいる場合、「その知人が結婚したから皆でお祝いをしよう」などと自然に集まる機会を設定できます。

結婚式や、その二次会で久々に再開する…というのは、なかなかドラマチックな展開です。

スポンサーリンク