海外に留学をしたいと考えたときに、経済的に楽なのがドイツ。学費がかかりません。英語で受けられる授業も多いし、正規の学生になれば、ヨーロッパ他国だけでなく、アメリカやアジアにも「留学」することができます。

正規の留学ということは、ドイツ人学生と全く同じという扱いなので、交換留学と違う点も多々あります。そこで今回はドイツに正規留学するための前提条件をご紹介します。

スポンサーリンク

日本の4年大学を卒業している/在学中である

ドイツ人が大学に行くためには、ドイツの教育システムの中で一番レベルの高いギムナジウムという学校に行き、卒業しなければいけません。

この試験をアビトゥアーと言います。このアビトゥアーが日本でいうセンター試験と大学入学試験を兼ねているようなシステムです。

ドイツではギムナジウムを卒業すれば、基本的にはドイツのどこの大学にでも入ることができます。(医学部に入りたい場合はこの卒業試験のスコアがよくないといけません)ですので、日本の大学を素晴らしい成績で卒業していれば、日本で何の専攻をしていても、医学部に入学申請を出すこともできます。

ドイツ語能力の証明

ドイツで正規に大学生になりたい場合、誰でもドイツ語能力の証明の義務があります。

残念ながら日本で行われている独検はドイツでは何の効力も持ちません。将来的にドイツに留学を考えているならば、以下のドイツ語能力試験を受けましょう。

  • TestDaf
  • DSH(Deutsche Sprachprüfung für den Hochschule)
  • ゲーテインスティチュートが行なっているC1

これらのドイツ語能力試験がどこの大学に入るにも有効です。TestDafは読み、聞き、作文、口頭試験の4つから構成されており、下がレベル3から上はレベル5まであります。

この試験は日本でも受けることができ、ドイツに来る前に準備して来ることができます。

基本的にはどこの大学に行くにも各項目で4を取得する必要があります。医学部や難しいとされる学部ではレベル5が要求される場合もあります。行きたい大学のホームページを確認しましょう。

DSHはドイツの大学でしか受けることができず、DSHコースという大学に入学したい人が入るコースに通う必要があります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ヘッピンゲン

初めまして。ドイツ在住のヘッピンゲンです。ワーホリや学生を経て、日本人の主人と結婚して、これからもドイツ在住の予定です。これからドイツに来る方のお役に立てる情報を発信していきます。