復縁したい元カレに手紙を送るのってあり?男の本音は?でも紹介していますが、元彼に復縁を迫る手紙を書くのは、基本的には効果的な方法ではありません。ただ、記事内で紹介している元彼が手紙を送っていいタイプの男性なら、一定の効果はあるでしょう。

今回はいろいろ考えて、やっぱり手紙を送ろうと決断して女性のために、元彼と復縁するために効果的な手紙の書き方やタイミングを解説してきます。これを読んで、復縁成功率を上げましょう!

スポンサーリンク

元彼の友達の心を掴む手紙の書き方

手紙を書くときには元彼の事だけを考えてはいけません。元彼が男友達に相談することを見越して、客観的に周りの友達があなたのことをどう評価するか?を考えてください。

例えば、元彼に自分の気持ちをぶつけ続ける内容では、周りの友達には自分の事ばかりだな…と思われかねません。

自分の気持ちを伝えることも大切ですが、元彼のこと気遣い待つ女、いわゆる男が想像する典型的なイイ女を演じる必要があります。

徹底的に相手にゆだねる

自分の気持ちを最低限伝える一方、相手の意志を尊重するには、決定権を相手にゆだねることが大切です。自分は○○だと思うからこうしてほしい!こうなったらいいな!こうしたい!ではいけません。

私は○○だと思うけど、あなたはどう?たぶん○○だと考えているよね。どちらも間違っていなと思うから、あなたの決めた事を受け入れる、なんて感じです。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、婚期のカップルは将来のことで意見の不一致が引き金になり別れるケースが多いです。その引き金=問題を解決するために譲歩する意思を伝えるのです。これは復縁に効果的ですよ。

冷却期間前後に2通送る

手紙を送るタイミングはとても重要です。お勧めなのは、一度の手紙ですべて伝えようとしないことです。まずは別れた直後に1通送りましょう。そして、冷却期間が終わったら、最後の1通で彼の心を仕留めます。

1通目はシンプルにイイ女だったな。勿体ないことをしたな。と思われるような手紙を意識してください。ここで復縁したい!なんて伝える必要はありません。言っても、別れた直後で戻れることはありません。

それよりも、彼に良い印象と少しの寂しさを残す方が先決です。いろいろ伝えたいことは、冷却期間後の手紙に書いてください。

3~6か月後がベストタイミング!?

では、冷却期間後に送る手紙は、具体的にはどのタイミングがいいのか?これは短すぎてもウザがられるだけだし、長すぎると「いつのこと言ってるの?」となってしまいます。

常識的に考えて別れてから3~6か月程度で送るのがベストタイミングでしょう。復縁するなら半年後がチャンス!別れて半年後の男性心理を読めばわかりますが、この頃の男性心理は元カノを受け入れやすいです。

忘れてはいけない4つのポイント

最後におさらいしておきましょう。

スポンサーリンク