復縁に効くセリフってあるの?彼のポイントを突いたベストな言葉を取り入れていけば、復縁の実現も可能に?

元彼と話す機会があっても、ただ何となくコミュニケーションをとっているだけではもったいないですよね。もう一度チャンスを狙うのなら控え目に、しかしながら確実にアプローチをしていきましょう。

スポンサーリンク

自分の悪かったところも簡潔に取り入れて

ただの言い訳になってしまうような内容をダラダラ送ってしまうことはNGです。結局何も変化していないと思われてしまいますし、あなたともう一度連絡を取ろうと思われないでしょう。

自分にも悪かったところがあった点と、そこは直していきたいという趣旨を盛り込んだ内容にした方がベターと言えます。

ただし、あんまりにも長い文章はちょっと重いと感じさせるので、できるだけ簡潔に読みやすい文章で送りましょう。

ちょっと切ないニュアンスを含める

「別れても思い出している」「ずっと待っている」といった切なさを感じさせるメールなども場合によっては効果が高いことも。

別れた相手でも、かつては付き合った彼女なだけに?ついつい可哀想だと感じてしまう男性も多いのだとか。

ただし、こちらも重すぎたり頻繁なのはNG。相手の同情をかう作戦はタイミングが難しいので、ちょっと間が開いてからの方が良いかもしれませんね。

また、別れた原因によっては効果が薄れてしまうので、彼のタイプにも合わせて臨機応変にパターンを考えておきましょう。

手紙という手段も有効

メールや電話、LINEや他のSNSでも気軽に連絡を取れるようになりました。しかし、あえて手紙という手段も真剣さが伝わりやすく有効的なツールとして見逃せません。

字の雰囲気もあなたを思い出させる重要な手助けに。そしてメールやLINEだとちょっと多目の分量でも、手紙なら相手にとっても負担ではありません。

一番ラブラブだったころを思い出してしまうような楽しい感じを出してみたり、しんみりした感じを出してみたり、メリハリをつけることも可能です。

古典的ながら多くの方に支持されている手段ですので、是非ここぞという時に取り入れてみては。

イベントも上手に活用

クリスマスやバレンタインなど、連絡を取りやすい季節ごとのイベントってありますよね。しかし、二人だけの記念日や彼の誕生日など、そういったタイミングに連絡を入れてみるのもオススメです。

スポンサーリンク