これは運命?と思ってしまうようなシチュエーションは、目に見えない不思議な力や奇跡のようだと感じてしまいますよね。

もしも別れた男性が元カノとそんな場面に出くわしたら、復縁の可能性も高まるかもしれません。運命を上手に味方につければ、実は不可能なことではないんですよ。そこで今回は男性が元カノに運命を感じるシチュエーションを紹介します。

スポンサーリンク

イベントやお気に入りの場所で遭遇

復縁したいと思っている場合、共通の友人がいたり元カレがSNSをやっていたりする場合は、偶然を装って再会することも比較的簡単でしょう。

お気に入りのカフェや本屋さんなど、外出先でバッタリというシチュエーションも狙うことが可能です。もう一歩踏み込んで、人混みのテーマパークやイベントなどで出くわすと、より強い運命性を感じられます。

どこか行動パターンが似ていると狙わずとも出くわす可能性は十分ありますし、そこで波長が合うことにも運命を感じるかもしれません。

行く先々で何度もバッタリ!

ちょっとコンビニに立ち寄った時、更にその先に寄ったショッピングモールでもバッタリ…と連続して会うと、同級生というような間柄でも「運命なのかな?」と笑い合ってしまいますよね。

これはそのような流れで休日を過ごす人が多い土地柄であるなど、一部の地域に限定されることもありますが、出会えば自然と話す回数もきっかけも増えていきます。

ただしやり過ぎて違和感を覚えられてしまうのは危険ですので、自然なコースで遭遇できることが望ましいでしょう。

フィーリングのマッチングがピッタリ!

逆に「この人は運命の人じゃないかも…」と思ってしまうパターンって、どことなく感性がズレていたり、こちらが戸惑うような言動が見られたりする場合が多いですよね。

見た目もタイプだし最初は話してて楽しかったけど、ちょっと違うかも…となるシーンはたくさんあります。

そういう摩擦ができるだけ少ない方が、やはり運命を強く感じやすいというもの。ただし、相手に合わせ過ぎているのを見透かされてしまうのはNGです。

一緒にいるだけで感じる心地よさ

運命の人だと感じるのは、イコール長くその人と一緒にいたいという思いも含まれてきます。年齢によってはいずれは結婚も視野に入れている場合も考えられるでしょう。

そうなると、大切にしたいのは何でもない日をリラックスして過ごせるかどうか。日常の積み重ねで築かれていく関係に大きく関わってきます。

心地よさの感じられるシチュエーションと言えば、会話が弾むだけではなく無言の時間も寛げる雰囲気などでしょう。

スポンサーリンク