復縁できるタイミングとはどういう時なのでしょうか。彼から振られてしまった後、復縁のために冷却期間をおくことは重要です。しかし、冷却期間に自分から彼へ連絡してはいけないと、彼からの連絡を何年も待つことは現実的ではありませんよね。

今回は冷却期間を経て復縁できる人の特徴を挙げてみます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

別れた原因をしっかり分析

男女が別れるのには理由があります。あなたが彼から振られた立場なのであれば、元彼があなたのことを嫌になってしまった理由を考えてみてください。

  • あなたの性格や価値観が元彼と合わなかった
  • 元彼があなた以外の人を好きになった
  • 仕事や試験など恋愛以外に真剣に取り組みたいものがある
  • 長期の交際であなたに魅力を感じなくなった

別れた後に、その理由を突き詰めるのは辛い作業ではありますが、復縁できる人はしっかりと別れの原因を分析しています。復縁したいのであれば必要な作業です。

別れの原因となったことを解消

別れの原因がはっきりしたら、冷却期間中にその原因を解消できるように努力する必要があります。

例えば「あなたの○○なところが嫌だ」と欠点を指摘され、彼から振られてしまったのであれば、その欠点を直すよう心かげましょう。復縁できる人は分析した原因を解消できるように、冷却期間に準備をしているのです。

人の性格や価値観は生きてきた人生で積み上がるものですから、すぐに直すことは難しいかもしれません。しかし、欠点を直すために努力をしている姿だけでも、後に復縁を申し込んだ際の元彼からの見え方が全然違います。

冷却期間は元彼に連絡を取らない

冷却期間は基本的に元彼に連絡をしない方がベターです。同じサークルの仲間や職場が一緒の場合は、全く連絡を取らないというのは難しいですが、必要最低限の連絡にとどめるべきです。

彼から別れを切り出された場合、元彼はあなたとこれ以上一緒にいたくないと思っているわけですから、下手に連絡を取ると「しつこいな」「放っておいてほしい」と、あなたの印象がさらに悪化することになりかねません。

彼の近況はさりげなくチェックしている

彼との連絡を一切絶ったけど、それでも彼の近況は気になりますよね。復縁できる人は、彼の近況をSNSや共通の友達を通じてさりげなくチェックしています。

特に彼から「他に好きな人ができた」という理由で振られてしまった場合は、元彼が新しく好きになった人と上手くいっているのかどうかを確認してみましょう。

元彼が好きになった人といい感じの関係を築いている場合は、残念ながら今のタイミングでの復縁は難しいかもしれませんが、付き合ってすぐ別れてしまうカップルもいますので、可能性がゼロなわけではありません。

スポンサーリンク