なんでLINEやメールを無視するの…。元彼に色々と連絡を送っても一切返信がない。これってどういう心理なんだろうと思うかもしれませんが、そこには男性の様々な思いが隠されています。

今回は復縁LINEやメールを送っても無視する元彼の心理を紹介します。元彼の心理を知って、前に進んだり気持ちを切り替えたり、モヤモヤを払拭していきましょう。

 

もう完全にふっきれている

「何気ない日常会話もしてくれたっていいんじゃないの?」という思いを抱えている女性もいらっしゃるかもしれませんが、もともと女友達などいない男性の場合は、男友達と日常のやり取りも簡潔しています。

あえて元カノと雑談をしようという気は起らないのでしょう。ちょっとした内容にも返事をしてくれないなんて失礼かと感じるかもしれませんが、男性にとっては文章を打つこと自体がめんどくさいと感じることも多い陽なので、これからも悪意なく返信をしないままでいる可能性が高いといえます。

ブロックや拒否設定には罪悪感

完璧に嫌いになったわけでもなく、送られてくる内容も重い内容じゃないし…という場合。返事をする気はないけど、ブロックや拒否設定も悪いと感じています。

優しく温厚な男性が取りがちな選択と言えるでしょう。とはいえ、やはり返事をする気はありませんので、このまま送り続けても、ただの迷惑メールにしか認識されないかも…。

そして、もし新しい恋人ができた場合、あなたの連絡を快く思わないでしょう。ブロックや拒否設定を望まれれば、その恋人に従うかもしれませんね。

思い出したくない

別れた原因によりますが、あんなにラブラブで別れても友達になれると思ってたのに…という元彼も失恋で非常に傷付いている場合も。

友達と楽しそうにしている様子をSNSに投稿しているのに、自分の連絡にはスルー。そういうケースは、もう思い出したくない辛い恋愛になってしまっているため、今後も返信は望めません。

頻度が高いと、もしかしたらブロックされてしまうかも。

飽きてしまった

ブロックされていないから、なんだかんだいつか返事をくれるのでは!?と淡い期待を抱いてはいませんか。

もし元カノに対して飽きてしまったという場合、ブロックすらめんどくさいからしていないだけかもしれません。

他の女性と既に連絡を取っていたり、友人も多かったりすると、あなたの連絡もどんどん埋もれていってしまいます。

連絡手段が残されているイコールまた連絡が取れる、ということではなさそうです。遊び人の元彼なら、よっぽどのことがない限り、もう一度返事が来ることはないでしょう。

RECOMMEND PR