彼氏ができて、付き合っているとなかなか避けて通れないのがケンカです。

「ケンカしたままひきずるのは気まずいし、さっさと謝ってしまおう!」と、どちらかが折れて仲直りすることが多いですが、問題はそのあと。二人でいるとちょっとぎこちなかったり、相手がまだ切替えをできていないことがありますよね。

今回は、ケンカして仲直りしたけど、ちょっとまだ気まずいという二人が空気を変えるための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

勝負をする

口ではいくらケンカの話が終わっていても、切替が下手な人はなかなか元通りに戻れません。もしかしたら、彼女に口では勝てないと思ってもやもやしているのかも。

「もっと聞いてあげるべきだったのかな…」と思ったりもしますが、ケンカの話を蒸し返してもいやーな空気が続きますよね。そんな時におすすめなのが、ゲームなどで空気を変えることです。

できればゲームセンターで体を動かすような、ボールを入れた数を競うものや、ホッケーゲームがおすすめです。ボーリングやバッティングセンターに行くのもいいですね。

ケンカのこと話を引きずっている状態から、身体を動かすことで、一旦スイッチを切ってしまいましょう。

負けたらジュース1本やご飯をおごるなど罰ゲームを決めてもいいかもしれません!わざとらしくなく、彼氏を勝たせてあげるのも大事なポイントです。

ちょっと特別な手作りご飯を用意する

話し合いだけでは、なかなか男性の気分はかわりません。だから気分転換が必要です。ケンカで仲直りした後なら、嬉しいことや、テンションが上がるようなことをしてあげたいものです。

手っ取り早いのが彼氏の好きなものを晩御飯に用意すること。言葉以外で、わかりやすくあなたの好意や気持ちが伝わるのが手料理です。

「俺のために頑張って作ってくれた」感があるので、ケンカの後は外食よりも手作りご飯のほうが効果的。彼氏の好きなお酒も用意してあげるとさらに気分が上がるはず!

彼氏の好きなものが分からない場合は、とりあえず苦手なものだけ排除して、揚げ物や卵でとじたものが男性が好きな料理の鉄板です。

とってもグルメだったり、カロリーを気にする彼氏じゃない限り、手間がかかったオシャレなものでなく、シンプルなものが良いでしょう。

家庭の味が出やすいカレーやお味噌汁、肉じゃがはあまりおすすめできません。オムライスやハンバーグ、かつ丼などポピュラーでテンションが上がるものを作ってみましょう。

映画を見ながらスキンシップをとる

ケンカの後の気まずい空気を変えるには、気分を一回他のものにそらす必要があります。ちょっと気まずくても近くに寄ったり、マッサージをしながら映画を見るのも良いですね。

スポンサーリンク