私はアメリカでの海外生活が2年目になりますが、久しぶりに日本に里帰りをして気付いた良さがたくさんありました。

今回は、海外に住んだことがあるからこそ新しい視点で気づく日本の良さについてシェアさせていただきます!

食べものが美味しい!

日本料理

まず日本に帰国して感動したポイントが、どこに行っても食べ物が美味しいということでした。

コンビニのご飯やスイーツさえもレベルが高く美味しいと感じるのは、きっと海外に住んだ経験がある方の「あるある」なのではないでしょうか。

もちろんアメリカにもセブンイレブンなどのコンビニはあるのですが、日本のように美味しいスイーツやお惣菜は売ってありません。売ってあっても、ホットドッグなどのファストフードが殆ど…。

昔は当たり前のように思っていたのですが、種類豊富な日本のコンビニは素晴らしいと感じました。

料理

また、日本が誇るヘルシーな和食の美味しさはもちろんのこと、イタリア料理やインド料理、中華料理など、多国籍の料理が手軽に美味しく食べられるという面にも魅力の一つだと思います。

可愛いスイーツ

そして、最近では海外でも浸透してきた「Kawaii」文化ですが、やはり日本では食にも「可愛い」という概念があるように感じました。カフェに行けば可愛らしくデコレーションされたスイーツや手の込んだラテアートを楽しむことができます。

このように、日本では日常的に利用するコンビニから、食事やスイーツをいただくレストランやカフェまで、美味しい食べ物に溢れていると感じました。

ホスピタリティの良さ

日本の空港に降りたってすぐの時点から、日本のカスタマーサービスは素晴らしいと感じました。

丁寧に接してくださったり、おもてなしの心が感じられるため、フライトの待ち時間も快適に過ごすことができます。

また、そのおもてなしの心は清掃にも表れていると思います。細やかなところまで綺麗に掃除が行き届いている点に改めて感動を覚えました。

ABOUTこの記事をかいた人

一条さき

海外生活2年目で、アメリカに住んでおります。美容やコスメに関すること、お料理やお菓子作り、日本の伝統芸術などが大好きです。皆さまに楽しんでいただけるような情報をお届けできるよう精いっぱい頑張ります♪