怒っても怖くなさそう、そう言われたことはありませんか?実はそういわれる女性には共通の特徴があります。

今回はその特徴について解説させていただいたうえで、それを利点として使う方法や、いざというときに簡単に相手に怖いと思わせられる方法も紹介しようと思います。

 

なんだかんだで加減をしてしまう

拳を握らずに手で叩く、ティッシュ箱やクッションなど叩かれても痛くないようなもので叩くなど、なんだかんだで相手を傷つけないように配慮しているところが可愛いと感じてしまうようです。

また叩く箇所も、肩や背中など叩かれても大丈夫なところを叩くのも特徴です。その他にも、叩く力も加減して全く痛くないようにしてしまう人も、可愛い印象を与えるようです。

それはか弱いイメージを与えるから、または結局相手を思いやってしまって怒れていないというところが伝わってしまうからなど、相手によってとらえ方は違うようですが、どのみち可愛い印象を与えます。

頬を膨らませる、顔をしかめる、口を尖らせるなど

女性は男性と比べて非言語コミュニケーションに優れているとよく言われています。

脳科学的には男性は右脳と左脳を片方ずつ使う所謂シングルタスクであるのに対し、女性は右脳と左脳を同時に使えるマルチタスクであるからだと言われています。

基本的にオートでは理論的に物事を処理する左脳が使われます。そして女性の場合はコミュニケーションの最中でも、感情や感性を司る右脳もよく働くため、感情表現が豊かになります。

話している最中でも表情やジェスチャーなど豊富であることは、女性らしさを表しているとも言えます。

「私は怒っている」ということも、さまざまな表情で表すことは相手に女性らしさと、自分に対して積極的に意思疎通をとろうとしているということを暗に知らせているのです。

つまりは怒っているということを健気に伝えようとしているところが可愛いということでしょう。

涙目になる

真剣に怒って涙目になるところにもグッとくるようです。やはり健気に気持ちを伝えようとすると、相手からすれば自分に気があるように思ってしまうようです。特に男性の場合は、物事を楽観かつポジティブに考える傾向が強いので。

ここで、もう一押し相手に反省して欲しいなら悲しい気持ちを伝えてみましょう。すると相手はそれに同調して、同じく悲しい気持ちになります。

悲しみの感情には冷静で公平な判断を誘起し、自分を省みる効果がありますので反省しやすくなるでしょう。

RECOMMEND PR