私はこうでないと嫌だから!家ではこうしてね!など、結婚について条件を提示してくる女性は多いです。実際この条件ばかりつきつける女に対して、男性はどう思っているのでしょうか?

そこで今回は結婚前から条件ばかり提示する契約女の特徴や、男の本音について紹介していきます。

スポンサーリンク

ムチ!ムチ!ムチ!

人間関係にはアムとムチが大切です。これは恋愛にも言えること。彼氏に対して可愛く甘えたり、料理を作ってあげたりするのがアメとするなら、結婚後の条件を突きつけるのは間違いなくムチと言えるでしょう。

そうなると、結婚後の条件ばかり突き付けてくる女性は、男性にとってはムチばかり女に思えてしまいます。これは他の態度にも表れているはずです。これでは男が逃げて行っても文句は言えません。

とにかくムチばかりなのが、条件ばかりつきつける契約女の代表的な特徴です。

要求がだんだんエスカレート

最初は何も望まないなんて聞き分けの良い可愛げのある女性を演じているのも、契約女の特徴です。そんなウブな姿に男はホイホイ近づいてしまいますが、要求はどんどんエスカレート!気付いたころには時すでに遅しです。

こんな出会った頃と激しいギャップに泣かされている男は少なくないはずです。

普通が普通じゃない

結婚の条件を突き付けてくる女は、自分としては普通のことを言っていると思っています。これは例外なく当てはまる特徴です。

でも、男性からしてみれば、それって普通じゃないのでは?と首をかしげるような要求ばかり…。その意思を伝えると、本当にたいしたことがない男なんて罵られます。

別に結婚に良い条件を求めることは悪いことではありません。誰だってその願望はあります。しかし、感性が普通とずれていれば、男性に受け入れられることはないでしょう。

昔は可愛かったよね…って女

結婚前から条件ばかり突き付ける女は、当然結婚を強く意識しています。というより、恋愛をすっ飛ばして現実的な話し合いをさっさとしたいわけです。その理由は時間がないから…。

婚活市場で大きな需要がある世代が条件を突き付けていそうですが、実際には昔は可愛かったよね…なんて婚活焦り世代の元美人が多いです。

昔モテた経験が、自分の需要を見誤らせます。また、ここまで粘ったからには大きな魚を捕まえなければ!と意気込んでいる傾向があります。

こうなってしまうと、自然と条件の話ばかりになり、その要求のレベルも自然と高くなってしまいがちなのです。

スポンサーリンク