付き合いたての頃はかわいいと思っていたけど、だんだん彼氏の寂しがり屋がウザくなってきた…なんてことはありませんか?

会いたいと思ってくれるのは嬉しいけど、正直、仕事つきあいや友達との時間も欲しい。寂しがり屋の彼氏とはどうやって付き合っていくのが良いのでしょうか。

 

LINEやメールで予定を先に伝えておく

寂しがり屋の彼氏は、「今日は会う日」と勝手に決めていることがあります。なので、予定があるというと怒ったり、早く帰らないと機嫌が悪くなったり…めんどくさいですよね。

それを回避するために、予定が入ったら、とりあえず彼氏に伝えておきましょう。口頭で伝えると、言った言わない議論になりかねないので、メールやLINEなど情報が残るもので伝えるのがよいでしょう。

かわいいスタンプを使って機嫌を損ねないよう会話回避

寂しがり屋の彼氏は、特に用事がなくてもあなたとつながっていたいがために頻繁に連絡をしてきます。こちらが仕事だったり、友達といるときにかまってほしいオーラをだされるのはめんどくさいですよね。

言葉で返すとついついイライラが文章に出そうになります。彼女にイライラされると、寂しがり屋の彼氏は不安になって更に連絡をしてくるか、電話をしてくるかもしれません。

そういうときは、かわいいスタンプを時々送るようにしましょう。彼氏の好きなキャラクターだと尚いいかもしれません。

かわいいスタンプを挟んで「今仕事だから後から連絡するねー」「友達と別れたらすぐ連絡します!」など一言添えておきましょう。不安を与えず、今の状態をちゃんと伝えることが大事です。

男らしい人が好きアピールをしてみる

寂しがり屋の彼氏は、とにかくあなたに自分を見てもらいたくてたまりません。あなたが男らして硬派な芸能人が好きというだけで、それを意識するようになるでしょう。

「○○な人素敵だよね~」や、「友達の彼氏が~」など、なってほしい彼氏像をかかげ、そうなるように仕向けるのも手です。

でも、根本的に寂しがり屋な部分はあるので、それを受け入れつつ褒めながら頼れる男に育てていきましょう。

彼氏の趣味を一緒にみつける

寂しがり屋の彼氏があなたを待っている状態が続くと、こちらもなんとなく悪い気がして思いっきり遊べなかったり、飲み会も早く切り上げてかえってしまいがちですよね。

もしかしたら、寂しがり屋の彼氏に合わせるうちに、だんだん付き合いの悪い人になっているかもしれません。そういう時は、彼に趣味を持ってもらうのが一番です。

自分一人でできることが見つかると、待っている時間が減り、彼女にかまってもらいたいという気持ちも薄くなるでしょう。問題は、寂しがり屋の人はあまり趣味がないということです。

RECOMMEND PR