好きで好きでたまらなかった人なのに、何かがきっかけでその好きが憎しみに変わってしまうことってありますよね?

好きの度合いが強ければ強いほど、その感情が憎しみに変わったときには、その憎しみも大きなものになります。

好きだった人とはたとえ失恋しても、憎しみの感情ではなく感謝の感情を持ちたいものですが、好きが憎しみに変わってしまうということは、誰にでも起こりうることです。

好きだった人を憎む感情は、とても醜く辛いものです。好きが憎しみに変わるとき、その心理とはいったいどういうものなのか、その感情はいったいどうやったら抑えられるのかについて詳しく見ていきましょう。

 

好きなのに別れを切り出された

相手のことが大好きで、こちらは別れるつもりなどさらさらないのに、急に別れを告げられたときに、好きが急に憎しみに変わることがあります。

「こんなに好きなのに別れようとするなんて……憎い」という気持ちの変化です。このとき、別れようとする相手のことは憎いと思っていますが、好きだからこそ別れたくなくて憎いという、複雑な心理状況になっています。

好きだからこそ憎いのです。もし別れを取り消してくれたとしても、一度憎しみの感情を抱いてしまうと「この人は私と別れようとした人だ」という思いが消えずに、うまくいかなくなることが多いです。

好きと憎しみとは紙一重。一度裏返ってしまった感情をそっくり前のままに戻すということは、不可能なのです。

隠し事をされていた

大好きな人に隠し事をされていた、とてもショックな出来事ですが、こういうことがショックなことが起きたときにも、好きが憎しみに変わることがあります。

大好きで信頼している相手が、隠し事をしているなんてことは1ミリも想像していません。

想像もしていなかった出来事が起きたときに、その信頼が裏切られてしまったと感じ、好きという感情も真逆の感情である憎しみに変わってしまう、ということが起こるのです。

隠し事の程度が大きく付き合っていくことが困難なほど、好きは憎しみに変わりやすいものです。「実は結婚しているんだ」「彼女が妊娠しちゃって結婚することになった」など重大な隠し事を打ち明けた場合に、好きは一転して憎しみに変わります。

暴力をふるわれた

好きな相手に暴力をふるわれたときに、好きが憎しみに変わることがあります。「暴力をふるわれても好き」となるのは危険なので、いたってまともな感情です。

暴力をふるう相手と付き合いを続けていくことで、幸せな未来が待っているとはとても思えません。暴力をふるわれて憎いと感じるなら、その相手とはすぐ離れたほうがよいです。

RECOMMEND PR