留学先やワーキングホリデー先としてはもちろん、駐在で働く先としても、多くの日本人が訪れるカナダ。いざカナダで生活することが決まると、「何を持っていけばいいんだろう…」と悩む人は少なくありません。

また、カナダに行く友人や家族に何かプレゼントをしたい、と考えている人も多いでしょう。

そこで今回は筆者がカナダ生活を振り返り、日本から持ってきてよかったもの、そして友達から貰って嬉しかったものと残念ながら困ってしまったものをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

炊飯器・変圧器

カナダに渡航する少し前に、少し高めの炊飯器を新調した我が家。この炊飯器で炊いたご飯がとても美味しかったため、貴重な荷物スペースの4分の1ほどのスペースをつぶしてカナダに持ってきたのですが、これが大正解でした。

もちろんカナダのスーパーや家電量販店でも炊飯器は売っていますが、予約炊飯ができなかったり、操作音が大音量だったりするものもありますし、何より日本で買った炊飯器は炊き上がったお米のおいしさが格別。

カナダ人からもらった簡易炊飯器(予約炊飯などができないタイプ)があったので、現地で買った安いカルフォルニア米を両方の炊飯器を使って食べ比べをしたことがあるのですが、持ってきた炊飯器の方が断然おいしかったです。

ただし、日本から持ってきた炊飯器を使う際は変圧器が必要なので、併せて準備しましょう。

化粧水はカナダと日本で大きく違う?

日本人女性がよく使う基礎化粧品のひとつ化粧水ですが、カナダではふき取り化粧水がメインで売られています。

アジアンスーパーなどに行けば、時々日本の基礎化粧品を買うことができますが、ドラッグストアアイテムでも日本での販売価格の3~5倍近くの値段がします。そのため、肌が弱い人やこだわりのメーカーがある人は、日本から化粧水を持ってくることをおすすめします。

ただ、大都市では無印良品がありますし、地方都市でもショッピングセンターに行けば日本でも有名な海外化粧品メーカーが出店しているので、そこで化粧品をゲットするのもいいかもしれません。

洗顔フォーム泡立てネット

化粧水のスキンケアと関連して必要なのが、洗顔フォームの泡立て用ネット。日本ではどこでも手に入り、洗顔に欠かせないという方も多いかもしれませんが、カナダにはこの洗顔ネットはどこにも売っていません(無印良品や日系スーパーなどではまれに売っていますが、いずれにせよとてもレアです)。

以前日本から持ってきた洗顔ネットを無くしたことがあるので、ドラッグストアやダラーショップなどを隈なく探したのですが、全身用ボディタオルのネットバージョンくらいしかないうえに、しかもこれが大きいのなんので洗顔用には不向き。

そのため洗顔ネットはカナダではなかなか手に入りづらいというのを把握し、日本でしっかり買ってくるのがおすすめです◎。

お箸

私も旦那さんも友達から夫婦箸を貰ったのですが、とても嬉しかったです。箸はとても省スペースで荷造りの邪魔にならないので、持って行きやすいのも高ポイント。

スポンサーリンク