大好きだった彼と復縁したい!復縁するために使う手段の1つがLINEです。彼とのLINEの内容によって、脈ありか脈なしか判断ができることもあります。

そこで今回は元彼と復縁できるかどうかの判断基準について、ご紹介していきます。

元彼と復縁できる?LINEで判断したい!

大好きだった彼と復縁したい!そう思ったら、とりあえず連絡を取りたいと思いますよね。現代の連絡手段といえば、LINEが主流です。メールを送るよりも手軽に、相手へのメッセージを送ることができます。

大好きな彼ともう1度付き合えるように、LINEでアピールする必要があります。別れてから2人きりで会うことがなかなかできないような状況になっている場合は、脈ありか脈なしかを見分ける方法がこのLINEになります。

元彼とのLINEの内容で、これから先復縁ができるかどうか、脈ありなのか脈なしなのかの判断ができる場合があります。あなたは元彼と復縁できる?そんな脈ありLINEと脈なしLINEの例をご紹介します。

復縁できる可能性大!脈ありLINE

彼と復縁できる可能性が高い、脈ありLINEを紹介します。まず、彼があなたに対して疑問を投げかけてくることが多い場合には、脈ありの場合が多いです。

「何しているの?」「今日の予定は?」「彼氏はできた?」など、あなたの動向が気になっている場合には、あなたに好意がある証拠です。付き合っていた頃のように、毎日のように連絡を取り合うようになったら、復縁はもう目の前に来ています。

また、過去の2人の思い出話をしてきた場合は、相手も復縁を望んでいるケースが多いです。付き合っていた頃の楽しかった思い出を話して、あなたにあの頃の気持ちを思い出して欲しいという気持ちがとても強い証拠です。

LINEの頻度や内容が付き合っていた頃と似てくるにつれて、復縁できる可能性が高いです。復縁できるのも時間の問題かも!

復縁できないかも!脈なしLINE

LINEの内容でもわかる脈なしLINEの例を紹介していきます。まず、最も脈なしとわかるのは、既読スルーです。好きな相手に既読スルーをされた場合は、忙しいか連絡を返すのが面倒だと思っているパターンが多いです。

何日か後に変身が来た場合は、本当に忙しいこともありますが、あなたに対する優先順位は低くなっているという証拠になります。忘れていたという場合も、彼が日常生活の中であなたを思い出すことが少なくなっているという証拠にもなります。

また、あなたの質問の答えだけのLINEも脈なしです。あなたが質問をするだけで、相手からはその答えである一文だけ、という場合は義務的に返事をしている場合が多いです。

そこからしつこくLINEを送り続けてしまったら、既読スルーされる可能性が高くなりますので注意が必要です。

中にはLINEだけで判断できないことも

LINEの内容だけで脈ありか脈なしか判断できることが多いですが、実際にそれだけで判断できないという場合もあります。これは人柄が関係してきます。

RECOMMEND PR