恋愛において細かい気配りができたり気を遣える人がモテますが、気を遣われると逆に疲れるという人もいます。適度であれば嬉しいことも、度が過ぎると相手の負担になってしまうなんてもったいない話ですよね。

そこで今回は気を遣いすぎる人の特徴と、その対処法をご紹介します。このような悩みは結構多いですが、境界線が際どい課題なので、是非ともこの記事を参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

気を遣いすぎる人の特徴

まず一つ目が、沈黙の時間を極端に嫌うことです。普通に会話していても、ちょっとした流れで沈黙の時間が生まれるのは当たり前ですが、その時間に耐えられないのは気を遣い過ぎるせいでもあります。

「相手が退屈しているのかも、何か話さなきゃ」と思うため、何気ない会話も緊張的な雰囲気が流れてストレスがかかります。こういった気遣いはお互いにとってマイナスに作用するため、なるべく避けたい所ですね。

あまり自分の話をしない、主張しない

二つ目は、自分の話や主張をほとんどしない人です。聞かれれば答えるけど、基本は相手の自由に任せるというスタンスの人ですが、これは相手に気を遣ってこのような立場をとっています。

「自分が主張して相手がいやがったらどうしよう…」という不安が起因していて、ある程度なら相手に振り回されることも厭わないという人も多いくらいです。

お世辞や当たり障りの無い話が多い

三つ目は、会話の中でお世辞や角の立たないような話・受け答えが多いということです。これも話し相手に気を遣って負担の無い会話を心掛けていますが、話し相手にしては退屈に感じます。

過去に友人や周囲の人に悪く言われた過去を持っていたり、傷ついた経験がある人に多い傾向にあります。

上記が気を遣いすぎる人の特徴のおおまかな分類です。他にも細かい特徴はありますが、一つ一つ挙げていくときりがないのでこの辺にしておきます。

イライラ回避?気を遣いすぎる人への対処法

上記の特徴を踏まえて、これから気を遣いすぎる人への対処法をご紹介します。

気を遣っている当人には一切悪気はなく、悪いことをしているわけでもないので難しいですが、できる限りの対処を講じてストレスを軽減しましょう。

ハッキリ言うか、我慢するかを選ぼう

言いづらいかもしれませんが、「全然気を遣わないで下さい。」と言って、腹を割って話をしたいという風に伝えましょう。

大抵の人はそれでも気を遣いますが、時間をかけてアピールをしたら徐々に改善されるはずです。「気を遣われるの苦手で…」といった感じで伝えれば相手も理解してくれるでしょう。

スポンサーリンク