生活している中で、たくさんの人に出会う機会があります。そして、初対面の人だと呼び方について聞かれることもあるかと思います。実際に初対面の人に名前を聞かれたらなんて答えるか悩んでしまうこともありますよね。

実際に何て呼べばいいと聞かれた時に、どう答えるのが正解なのか、正しい返し方について詳しく紹介していきます。

基本的には呼びやすいものでOK

初対面の人に何て呼べばいいか聞かれたときは、基本的に「呼びやすいもので読んでください」というのが最もいい答えでしょう。

自分で決めるのではなく、相手にゆだねるということが失礼がなくて良いでしょう。初対面で相手がどんなひとかわからないので、基本的には相手に任せてみましょう。

そこで返ってきた答えに従うのがいいですが、それがどうしてもいやな場合は、自ら提案してあげると良いでしょう。

初対面でありながら、自分が嫌な気持ちになるようなあだ名をつける人はほとんどいないと思います。反対に相手に何て呼ばれたいかと聞かれたら、具体例を出すと良いでしょう。

ビジネス関係や年上の方に聞かれたら

何て呼べばいいと聞かれた場合は、「呼びやすいのでいいですよ」というのが最初の返答として最適です。しかし、逆に相手に何て呼ばれたいかと聞かれることもあります。その時の返事は、相手がどんな人かによって変えていく必要があります。

それがビジネス場や年齢が上だった場合は、やはり苗字にしておくのが無難です。ビジネスや目上の人とは、距離感が縮まることはあまりないです。なので、無難な苗字を指定すると良いでしょう。

また、苗字が他の人と被ってしまう場合や独身で結婚の予定があるという場合には、下の名前を指定した方が良いでしょう。

下の名前で呼ばれると、距離は縮まりやすくなります。ある程度の距離感を取りたいのであれば苗字、少し親しみをこめた仲になりたいと思うなら名前を指定すると良いでしょう。

基本的に苗字か名前にさん付けで呼んでくれるかと思います。

これから深い仲になりたい人に聞かれたら

これから親しくなる予定の人に、何て呼べばいいと聞かれた時には、フランクな呼び方を指定しても良いでしょう。

特に恋人になる可能性がある人や、年齢が近い友達になりそうな人には、あだ名で呼んでもらうのも良いですね。

その場合は、普段自分が何て呼ばれているかを伝えてあげると良いでしょう。「普段周りからは○○と呼ばれています。」と伝えてあげると、きっとそれがいいか悪いかを決めてくれるでしょう。

RECOMMEND PR