同じクラスの好きなあの人。話したくても何を話したらいいのかわからなくてドキドキしますよね。

近づきたいけれど何を話したらいいのか、仲良くなりたいけれど、どのようにアプローチをしていけばいいのかわからずに困っている女の子は沢山いますね。

アプローチの仕方をいくつかあげますので、頑張ってアプローチを試してみてください。

同じ委員会、部活入る

まず、気になる彼と近づける一番の方法は、同じ部活や委員会に入るという事です。同じ部活や委員会に入ることで彼との接点は多くなり、必然的に話す機会や一緒に過ごす時間が多くなるので自然と仲良くなっていきます。

もし、すでに委員会や部活が決まってしまっていて、異動することが難しい時は、文化祭など特別なイベントで同じ係になることです。イベントを一緒に成功させることで二人の信頼関係は築くことができますし、早く仲良くなることが出来ます。

共通の友達をみつける

共通の友達はいませんか?男の子でも女の子でもどちらでもかまいません。友達の輪を広げることもアプローチに繋がっていきます。

何人かで遊びにいく計画を立てるのも良いでしょう。何人かで遊ぶことで自然と会話もでき仲良くなっていきます。友達とも彼とも仲良くなれれば一石二鳥ですね。

できれば友達にさりげなく、○○している姿かっこいいって言ってたよと伝えてもらうと、相手も意識をするようになります。

共通の趣味をみつける

彼の興味のあることや趣味などはわかりませんか?部活なども何をしているのでしょうか?彼の興味のあることを調べて、その中で自分が興味を持てることはありませんか?あれば彼に教えてもらうなんてはどうでしょう。

共通の話題があれば話も弾み、仲良くなっていけますし、一緒に出掛けられるようになる可能性があります。

小さな頼み事をする

彼はクラスでどのような存在でしょうか。彼に何か頼み事は出来そうにありませんか?

余裕がある時であり、面倒な事でなければ、頼られることに嫌な気はしないです。些細な事でいいのです。例えば何か作業をしている時に、彼が近くにいたらチャンスです。高い所の物をとってもらうなど、些細なことをお願いしてみてください。

小さなプレゼントを渡す

高価なものを用意する必要はありません。何十円かのチョコレートなど安いものでいいです。何個か用意をして放課後など彼がいる時に部活頑張ってね!や、これ少し多かったからあげる♡などど言って渡すというのも話すキッカケになります。