日本では日常でたくさんの英語が浸透しており日々耳にすることも多いですが、逆もまた然りでアメリカでも浸透しつつある日本語がいくつかあります。

今回はそんな意外性を併せ持ったアメリカで浸透している日本語についてご紹介させていただきます!

スポンサーリンク

Sushi(寿司)

寿司

これは、アメリカの中でも一番浸透している日本語なのではないかと思います。日本食に詳しくない人の間でも広く認知されている日本語の一つです。

有名なワードではあるのですが、アメリカでは元々生の魚を食べるという習慣がないため、苦手意識を持っていて食べたことがないという方にも多く出会います。

また、アメリカでSushiというと、日本で多く食べられているような寿司ではなく、ロール状のダイナミックなお寿司のことを指す場合が多いです。

中に使われる具材もお魚だけでなく海老の天ぷらやクリームチーズ、アボカドなどバリエーション豊かな食材が使われており、トッピングにもマヨネーズやスリラチャソースがかかっていたりなど、生のお魚の味を楽しむという感覚はあまり浸透していません。

そんな日本とは一風変わったアメリカスタイルのお寿司ですが、今までアメリカで住んでいる中で見つけた一番インパクトのある「Sushi」は、「Mango sushi」でした…。

お寿司のロールの上に色鮮やかなマンゴーが載せられており、見た目は綺麗だったのですが、挑戦する勇気などはなく、今でも思い出してはどんな味だったのか気になっています。

Kimono(着物)

着物

日本が誇る和服の文化もアメリカで知名度が上がりつつあります。

しかし、アメリカでは伝統的な日本の着物ではなく、どちらかと言えば着物のように美しい柄があしらわれた羽織型のトップス「Kimono Tops」を指すことの場合が多くなっており、現在若い女性を中心に人気のファッションとして定着しつつあります。

筆者は日本に住んでいた頃は着付けを習っていたため、アメリカに住んでいても着物で出かけることもあるのですが、お店などで「素敵なKimonoね!」と言われることも多く、本来の着物も「Kimono」として認識されているのだなと感じます。

Tofu (豆腐)

アメリカでもヘルシーな食事の人気が年々高まっているのと共に、ベジタリアンやヴィーガン(お肉だけでなく動物性たんぱく質も摂取しない人のことを指す。)の間では貴重な植物性のたんぱく質源として、Trader Joe’sなどのスーパーでも売り出されていることが多くなってきました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

一条さき

海外生活2年目で、アメリカに住んでおります。美容やコスメに関すること、お料理やお菓子作り、日本の伝統芸術などが大好きです。皆さまに楽しんでいただけるような情報をお届けできるよう精いっぱい頑張ります♪