久しぶりに会った友達が、急に「色っぽくなった」と感じる時はありませんか?さりげなく色気を放つ女性は、異性はもちろん同性の目から見ても魅力的です。

実は、色気を演出するのはそれほど難しいことではありません。大切なのは“意識すること”。「胸もおしりもない自分が色気を出すのは無理」と考えている女性も、あきらめるのはまだ早い!女性ならぜひ身に着けておきたい「色っぽい女性になる方法」をご紹介します。

スポンサーリンク

色気と露出はイコールではない

色気=大きくあいた胸の谷間、大胆なミニスカートを想像する方がいるかもしれませんがそれは間違い。いきすぎた露出は下品な印象を与え、色気からほど遠い存在に。

色気と露出はイコールの関係ではないことを覚えておきましょう。あからさまなアピールよりも、手入れの行き届いた爪や髪、そして所作に宿るようなさりげない色気が理想です。

きっちりメイクより「抜け感」を意識したツヤメイク

コンシーラーとファンデーションを駆使してしっかり仕上げたマット肌、アイラインとマスカラがっつりの目元、きっちりとリップラインをとった唇・・・。

完璧なメイクは美しいですが、男性からすると隙がないように感じることも。さりげなく色気を演出するには「抜け感」のあるメイクが大切です。

きっちりとシミを隠すようなベースメイクよりも、リキッドファンデーションを薄く塗ったツヤ肌に仕上げて。

目元や口元も同様に、ツヤを意識して薄く仕上げましょう。大粒のラメやグリッターは「遊んでいる」感が出てしまうので、使う場合には一か所程度にとどめておくのが正解。

ツヤのある肌、唇、髪、唇で上品な色気を

前述のように、上品なツヤは色気を出したいときの味方です。メイクでカバーできる肌・唇の他に、気を付けたいのが髪の毛。パサパサで傷んだ髪の毛からは色気は感じられません。ツヤツヤでなめらかな、清楚な色気の宿る髪の毛を目指しましょう。

すぐに髪の毛にツヤを出したいという時におすすめなのがヘアオイル。つけすぎるとベタつくので、少量を毛先につけるようになじませましょう。傷んでいる髪の毛もうるおってまとまりのある髪の毛になります。

ギャップがうむ色気を利用して

普段、Tシャツにジーンズといったカジュアルコーデばかりの女性がワンピースを着たとき、反対にいつもワンピーススタイルの女性がラフな服装をしたとき、そのギャップに色気を感じる男性が多いです。

服装をガラっと変えるのには抵抗があるという方は、ヘアスタイルでチャレンジしてみても。いつも結んでいる髪をおろしたり、その逆に結んでみたりギャップで周囲をドキっとさせてみましょう。

ゆっくりした口調、所作に色気は宿る

わざとらしくする必要はありませんが、いつも早口で話しすぎるのを意識してゆっくり話したり、ドアを閉めるときに後ろ手で閉めずに両手できちんと閉めたりと、丁寧な所作を心掛けることが大切。

スポンサーリンク